悩ましげなサブノート

仕事用のノートPCはDynabook SS LXという爆熱大画面PCを使っているのですが、出張等で使用するのが大きすぎて結構不便。かといってLinuxの入ったLOOXは結構重いので不便・・・ということで、ちっちゃなボディーに無限のパワーがほしいという物欲がまた出てきまして、比較的強力なサブノートを探しています。

条件としては、

  • PentiumMレベルのCPUを搭載。
  • CDはいらない(USBバスパワー駆動のドライブがあるので)。
  • 無線LANや内蔵LANが付いてる。
  • 小さい、軽い。
  • 中古でもいいので安いの。
  • ちょっぴりスタイリッシュ。
  • Linuxの動作実績がある。

いまのミニノートのトレンドではLibretto U100あたりなのでしょうが、液晶ベゼルのフチが厚いとなんだが損した気分になったり、何より高いので除外。

それ以外のミニノートはCrusoeばっかりとパワー不足は否めません。

条件として比較的合致するのがInterlinkのPentiumMモデルなのですが、Linuxの動作実績がいまいちだったりと微妙な感じ。でもPentium3モデルの時に言われていた爆熱使用ではないし・・・

富士通がLOOXのSモデル出してくれればいいんですけどね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中