RGM-79LV ジムナイトシーカー2を作る #11

せいぜい3回くらいで終わるだろと思っていたジムライトアーマーも、気がつけば11回。途中でプランを変えたというのもありますが、シンプルなものほど手を入れたいという感じでしょうか。

胴体胴体といいながら、思いついたところをいじってます。作業したのはだいぶ前ですけど。

HGUCガンダムの脚をジム脚に

ちょくちょく見かけるガンダムの脚にジムの膝を移植する方法。

脚の延長を兼ねてくるぶしあたりで切って移植する方法がありますが、現在のプランがバトルオペレーション版であるため、くるぶし付近を切り欠いてバーニアとサスペンションを入れる必要があるのでこの案はボツ。

もう一つは膝アーマーだけ移植する方法。

試しにジムのを切り取ってつけてみたのですが、間違ってないのに妙に薄く見える…なので。

RGM-79LV ジムナイトシーカー2を作る #11

ジムスナ2を作ったときに余ったジム改の膝に変えました。微妙に寸法がちがうので、アーマー側を削って調整してます。

RGM-79LV ジムナイトシーカー2を作る #11

この方がしっかりしてるかと。今回は準備だけ。くるぶしの加工に成功してから取り付けます。

肩軸に関節ボックスをいれる

ジムと違ってHGUCガンダムは肩軸が前後に動きます。でも上には上がりません。

もともとあるポリキャップ支えを削って上に上がるよう改修する手もありますが、支えの部分が少し白くなっていたので関節を新造することにしました。

RGM-79LV ジムナイトシーカー2を作る #11

もともとあった支えを前後ともちぎって、プラサポで作った関節ボックスを入れてます。関節ボックスを支えているのが首のあたりしかなかったため、腰ブロックと接続するダボと関節ボックスの隙間に左右を橋渡しするようプラ板を差し込んでます。

これで上がらなかった腕が…

RGM-79LV ジムナイトシーカー2を作る #11

少しだけど上がるようになりました。正直やらんでもよかったか…

肩アーマーと胴体が密着しているので、スペーサーかますなりしてクリアランス確保した方が良さそうですね。

MS-06K ザクキャノンを作る #00

“ザクマリナーさんは「陸に上がってキャノン撃ちたい!」って思いました。”

ライトアーマーを作ってたあたりから、これもやろうかなと思っていたもの。
HGUCで出そうで出ないザクキャノンをちょっと構想しています。
高機動ザクほどパーツ数が多くないけどそこそこ可動範囲が確保されているザクマリナーをベースに、旧キットのニコイチで行こうと思ったのですが…

MS-06K ザクキャノンを作る #00 001

あまりにも違いすぎてやめました。ゆるく接着して仮組みして終わり。でも買ったのは宇宙用だからカラーリングの参考にはできるかも。陸に上がるどころか宇宙にとばしてやろう。

ザクキャノンを作る時に一番詰まりそうなのは、やっぱり脚でしょうね。
太ももはザクらしくない角張った形状だし、スソには広範囲に排気口あるし。
マリナーの形状を生かしながらやってみようかなと思います。

RGM-79LV ジムナイトシーカー2を作る #10

太ももにロール軸を新造

よく動くライトアーマー作成計画。

太ももを見ていて、なんとなくボールジョイントではなく最近のHGUCみたいにロール軸を追加したいと思いました。
腕にAGE関節を使ったように、太ももにも使えればいいのですが、手元のジャンクにあったのはスパロー用のしかなかったので新造することに。

ジム3のパーツを眺めながら、プラ版やWAVEプラサポを組み合わせてできた関節ブロックがこれ。

RGM-79LV ジムナイトシーカー2を作る #10 001

以前、ジムスナ2を作ってる時に、Ver.kaガンダムみたいな股間軸ってどうやるんだろうなと思っていた一つの解がこれで出たように思います。ジムスナ2作ってた時はジム2も3も出てなかったですしね。
それまではエバーグリーンのパイプにボールジョイントを仕込むには?なんてことしてましたし。

次は太ももパーツをいじります。構造はAGEのと同じです。下手な説明より図を見た方がいいでしょう。

RGM-79LV ジムナイトシーカー2を作る #10 002

作成途中の写真を取り忘れたので、完成したのと使ったパーツ類再現を載せておきます。

もともとあったボールジョイント周りを削り取って、関節ブロックが収まるようにプラ板貼ったり削ったり。ポリキャップも内蔵。
形出しができたらMSGを使ってディテールを追加しました。

足が延長されてしまった関係上、前の股関節軸は下すぎるので少し上に移動。タミヤの丸棒はポリキャップに入れるにはゆるすぎるので、瞬着で少し太らせてあります。

RGM-79LV ジムナイトシーカー2を作る #10 003

これで太もも周りは完成。よく動くようになりました。

RGM-79LV ジムナイトシーカー2を作る #10 004RGM-79LV ジムナイトシーカー2を作る #10 005

次こそ胴体やるかな。

RGM-79SP ジム・スナイパー2製作 #06

そうだ サフ、吹こう。と思い立って棚に放り込んでいたジムスナイパー2を取り出しました。

久々に出したジムスナ2さんは、足元に謎のカビっぽいのがちょろっと出てたりしてたので、スポンジヤスリでさらさらと処理。

サフ前の絵はこちら。

RGM-79SP ジム・スナイパー2製作 #06 001

サフ吹いたのがこれ。ぱっと見かっこいい。

RGM-79SP ジム・スナイパー2製作 #06 002

自分にとっての大改修シリーズ一号機なだけに、表面処理の甘さがかなり目立ちますね。合わせ目消し忘れもあるし。

RGM-79SP ジム・スナイパー2製作 #06 003

ジムスナ2の特徴のひとつであるボルトアクションぽいライフルはめんどくさ作れなかったので、MGジム改で見かけたロングライフルをジムライフルをベースに作成。センサー部を大きくしたらよかったかも。あ、ちなみにストックは動かないです。スカーレット隊が持っていた実弾ライフルも腰に付けられるようにしとこうかな。

肘当てはどうするのとか、頭部の合わせ目はどうするのとか、バイザー横のスリットはどうするのとか、スジボリどうするのとか、もう塗装しちゃえと思ったのにやることがボコボコでてきたので、エアブラシはまだ使えそうにありません…

この間にアクリジョンでそうだなぁ、あれ結構いいらしいですね。

RGM-79LV ジムナイトシーカー2を作る #09

次は胴体といいつつ。

武装関係をどうにかしようとしてました。

手持ちシールドにする

関節を仕込んだせいで腕に固定できなくなったシールド。

最初は昔のガンプラみたくグリップだけにしとこうとか、ネオジムを使って固定するかとかいろいろ考えた結果、たまたま見かけたHGUCギャンのシールド固定の画像を見つけ、これを参考にしようということにしました。

で、できたのがこれ。

RGM-79LV ジムナイトシーカー2を作る #09 001

持たせるとこんな感じ。

RGM-79LV ジムナイトシーカー2を作る #09 002

バックラーシールドの類なので、サーベルと対で使うことを考えると右腕に持たせる方がよかったかも。サーベルは左側だし。

左手にシールド持つのはライフル運用が前提なのかなと改めて思ったり。

ディテールのアイデア枯渇でなんともそっけない感じだけど、今回はこれだけ。それっぽくスジボリでも入れとくか・・・