モノリスのように人類を進化させる。:Apple iPhone 5s 32GB ME335J/A

そう、iPhoneならね。なんちゃってね。

製品情報はこちら:アップル – iPhone 5s

auから10,500円分のスペシャルクーポンが届いたのをきっかけに、そろそろ4sから換えるかーということでヨドバシで買ってきました。

モノリスのように人類を進化させる。:Apple iPhone 5s 32GB ME335J/A 001

人は少なかったけど最初の待ち時間と説明・記入で20分、事務処理手続きで40分、なぜかeo光の人が来てなんたらかんたらの説明で20分そこらかかり、19時にヨドバシについてなんやかんやで店を出たのが20時過ぎでした。

Softbankのときは全部オンラインでできたのがすげぇと思ったのにくらべ、auの時間のかかりっぷりはすごいですね。店頭手続きだとどこもそうなのかもしれませんけど。

月々支払額は500円アップ(たぶん)

契約形態としては以下のような感じ。

  • au買い方セレクト:シンプルコース – 料金プラン:LTEコース
  • 料金割引サービス:誰でも割・家族割法人割・くりこしコース・LTEフラット・LTEフラットスタート割(i)
  • オプションサービス:電話きほんパック(三者通話・迷惑電話撃退サービス・待ちうた・お留守番サービスEX)・テザリングオプション・LTE NET・毎月割

たしかこんな感じ。毎月割が効いてるようで、月々の支払額が4,520円+通話料になります。4sの頃は4,000円くらいだったので、約500円値上げ。まぁLTEだしなぁと思って割り切ってます。

本体料金はスペシャルクーポンと1200そこらしかなかったauポイントを使い、さらに端数をヨドバシポイントで補填した結果、66,000円でした。分割払いはSoftbankのときに毎月9,000円近く引き落とされるという気分的にしんどいのを味わっているので、今回も一括払い。

モノリス化したiPhone

チョイスしたのは32Gでスペースグレイ。シルバーやゴールドはフチが異様に光るのが気になったので、比較的反射が押さえられている黒を選択しました。

40分の待ち時間で諸々グッズ類を買い込み。買ったのはこんな感じ。

これらを取り付けたところ、びっくりするほど真っ黒構成に。

モノリスのように人類を進化させる。:Apple iPhone 5s 32GB ME335J/A 002

まさにモノリス。1:4:9ではないけど。

公式にない・・・:KATHARINE HAMNETT LONDON:グレンチェック 札入れ2つ折り

ひっさびさのお買い物記事です。公式にはないのですが通販サイトに紹介がありました。ただし売り切れで。

公式にない・・・:KATHARINE HAMNETT LONDON:グレンチェック 札入れ2つ折り

前に使っていた財布が水分か汗かを吸ってブツブツになっていたので、気持ち悪くなって買い換えました。

キャサリン・ハムネットというブランドのいわゆる財布です。

製品情報はこちら:グレンチェック 札入れ2つ折り通販 | KHL_その他 | キャサリン ハムネット公式通販[KATHARINE HAMNETT Online Shop]

今までは確か無印良品で買ったビニール製の財布だったのですが、今回はフンパツして国産牛革を選びました。

・・・というのは今思いついただけです。

地元の平和堂専門店にカバン屋があって、そろそろ財布変えるかなと思って眺めていた時にたまたま見つけたものです。9千そこらでしたが、まぁ、革だしな・・・と思って買いました。

二つ折りの財布は中のレイアウトがだいたい同じなので、選択のポイントは紙幣の出し入れがしやすいか、小銭入れの出し入れはしやすいか。あとは触り心地とか根本的なセンスぐらいなもんだと思います。

自分はカード類とお金類は別々にしているのであまり気にはしないのですが、カード類を詰め込んで小さな辞書みたいにならないかというのもポイントかもしれません。

革製品特有の使い込むことによるアジとか、中を開けるとロンドンの人たちが着ているようなコート裏が気にいるのであればおすすめできる製品だと思います。革臭さもそれほどなく、鼻を密着するくらい近づけないとわかりません。

中央にある線の糸が、使い込んでいるうちにほつれていきそうな気がしますが、硬すぎず柔らかすぎず、扱いやすそうな財布だと思います。

そろそろアフィリエイト埋め込むかなぁ・・・

普通のICレコーダー:OLYMPUS Voice-Trek V-802

iPhoneをOS7にしました。メモリが足りないのか、ボイスメモ中にSafariなどを開くと録音をしているのに保存されないという現象が出たため、カッとなって買ったものです。

普通のICレコーダー:OLYMPUS Voice-Trek V-802

最近ではえらい安くなった普通のボイスレコーダーです。

製品情報はこちら:V-802|オーディオ|オリンパスイメージング

昔はUSBに直接つなげて充電もできるといえばSANYOのICレコーダーだったのですが、今ではどのメーカーでもそういう機能はあるみたいですね。

これもご多分に漏れず、USBダイレクト接続、充電池対応しており、一応FMラジオも聞けて録音もできます。

MicroSDスロットもあるので、標準の4Gストレージという部分は気になりません。普通に使う分にはなにも不満はなく、ちゃんとしたマイクもついてるので集音も問題なし。

欠点があるとしたらFMラジオを効くのにイヤホンコードが必須になるということぐらいでしょうか。

・・・特に書くことないや。あ、一個だけありました。

録音終了時にファイルが生成されるわけですが、iPhoneだと日付時刻で保存されていたものが、これは連番で保存されるということ。ただIOS7は更に凶悪になってて「新規録音」という名前になるので、状況としてはあまり変わりませんけど。

クリック音がやばい:Microsoft Comfort Mouse 3000

なんとなく有線マウスでただの光学式じゃないのがいいなと思い購入したもの。

クリック音がやばい:Microsoft Comfort Mouse 3000

相変わらずMacでの無線マウスは遅延が半端無いので、なかなか有線が手放せません。

製品情報はこちら:マイクロソフト Comfort Mouse 3000(コンフォート マウス 3000) | Microsoft Hardware

一般的な2ボタンマウスでホイールの左右チルトも追加ボタンもない、非常にシンプルな構成になっています。

そこらと違うのは光学部にBlueTrackを使用しており、感度が非常に良いこと。実際に使うとカーソル無反応ということは確かにありませんでした。

Macで使う場合はカーソルセンスというアプリと併用することでWindowsぽいマウス挙動にできます。

使って困ったのはクリック音で、中が空洞なのか結構音がひびきます。チキチキって音じゃなくてコツン、コツンって感じの音。結構気になる。

ほかは特に特徴はないんでこんなもんで。

nanoblockと互換性のあるスマホラジコン:日本トラストテクノロジー つくラジ!ブロック(UPRtek UTICO VAN-1100)

【この記事は2013/01/18に書きました】

ニュースリリースが出た時からこれはヤバイと思い、つい買ってしまいました。

付属のブロックを自由自在に組んで車体をつくり、iPhoneやスマートフォンを使用して操作できる赤外線RCカーです。

製品情報はこちら:

「付属のブロックを〜」と遠回しな言い方をしているのは、これはカワダのnanoblock公式製品では(少なくとも現時点では)ありません。あくまでUTICOというブランドのブロックであるということです。

とはいえ、実際にはnanoblockとの互換性はばっちりなので、シャーシの上にノイバンシュタイン城や鎌倉の大仏を載せて走らせることが可能です。

届いたものは下の写真。なかなか上品なパッケージで良い感じです。サイズ比較でライター置いてます。

20130118:nanoblockと互換性のあるスマホラジコン:日本トラストテクノロジー つくラジ!ブロック(UPRtek UTICO VAN-1100)-01

で、できたのがこれ。nanoblock互換性の証拠として柴犬の子供を天井につけてます。

20130118:nanoblockと互換性のあるスマホラジコン:日本トラストテクノロジー つくラジ!ブロック(UPRtek UTICO VAN-1100)-02

組んでみた感じとしては、nanoblockよりもほんのすこしブロックが硬い感じ(特にシャーシ部が)。でも作りが悪くて噛み合わないとかいうのは一切ありませんでした。

赤外線ラジコンの操作に関しては、付属のレシーバをAndroidoかiPhoneのイヤホン端子につけて、UTICOというアプリを使って操作することになります。操作方法はよくあるレーシングゲームの感じですね。ハンドルも使えますが本体を傾けてカーブしたり、画面左側にスロットルのようなアクセル(バック)がついてます。
レシーバ側のイヤホン端子の長さが結構タイトで、ケースが付いてるとそれが干渉して認識出来ませんでした。iPhoneでやろうとしたときこの問題に引っかかったのですが、ケース外すのも面倒なので机のコヤシ状態になっているNexus7に差して使うことに。今更Nexus7にジャイロがついてたことに驚きました。

操作は畳の上はきつそう。前後はいけるけど左右がきついです。もしかしたらブロックを積み過ぎて重いせいかもしれません。廊下はそこそこ走りましたが、廊下の継ぎ目程度でカーブの影響を受けたりするので、あまり操作感がよいとはいえませんでした。タイヤが小さすぎるのもあるのかな?検証してもうちょっとスムーズに動くようにしたいです。

赤外線はレシーバを中心に、環境によるのかもしれませんが半径2m程度でした。まあリビング内で適当に走らせることができるという感じでしょうか。

ラジコンとしてもう少ししっかりしてたらなぁという点が残念ではありますが、付属のブロックはもちろん、nanoblockも使って好きなカタチを作ることができるということは素晴らしいと思います。ただ、複雑な形状を作った状態で壁に衝突したりすると、文字通りバラバラになるところがリアルだなぁ・・・と。