槇尾山リベンジしたら結構崩落してた

道を間違えて志津川に行ってしまい、急な勾配のところをひーひー言って登って槇尾山登山口である天ヶ瀬森林公園で諦めた前回。

スタート地点を見直して槇尾山リベンジしました。ちゃんとサポートタイツ履いて。

低山ながらすこしハードな山道

槇尾山は369mの低山ですが、最初に行った大吉山と比べると倍以上あります。

山道も大吉山ほど整備されておらず、本格装備である必要はないけどカジュアルすぎる装備ではこないほうがいい山です。

中腹には馬の背展望台、頂上付近に槇尾山展望台があり、そこだと大阪の方まで見渡せるようになります。

また、意味があるのかわからないけど野鳥小屋なんてのも。

さらに、2007年の大雨による水害でがけ崩れの箇所が結構多く、補修はされてるものの立ち入り禁止の山道が未だ残されています。
ちなみに今年の4月から行けるようになりました。

P5040093b

写真の赤で囲ったところが進入禁止とされるエリア。東側半分が行けません。

また、補修した所もそのまま滑り止め処理をしているため道が狭くなっており、案外危険な道になっていました。夜展望台までいったらいい夜景だろうなと思ったのですが、道中が危険過ぎるので行っちゃダメです。

槇尾山展望台までいくつかのルートがありますが、先ほど書いたように東側は土砂崩れで通行止め、しかも看板地図によっては入口の地図も含め通行止めの記載がないので注意です。森林公園側の東屋に小さい張り紙で通行止めエリアの記載があるので確認しておきましょう。

ウォークスルーは続きからどうぞ。 “槇尾山リベンジしたら結構崩落してた” の続きを読む

槙尾山に行こうとしたら道間違えた

天ヶ瀬ダム方面から槙尾山に行けるという情報を見たので行ってみました。

槇尾山はこの山の名前で検索するより天ヶ瀬森林公園で検索する方が出てくるくらいマイナーな山です。

標高は369m程度の低山で、2007年の土砂災害の影響で今年の3月末まで入山が禁止されていました

天ヶ瀬ダムの下ルートは工事中で上がれない

槇尾山に行くには天ヶ瀬ダムを横切っていくのが一番近いです。

天ヶ瀬ダムへは宇治川ラインを通る上ルートと、川沿いを通る下ルートがあるのですが、現在ダム周辺が大規模な工事をしているため、下ルートからダムへ行くことができません。なので、現時点では上ルートから天ヶ瀬ダムを横切るか、志津川方面から行くしかありません。

それを知らず、心臓破りなルートを行くハメになってしまいました・・・

ウォークスルーは続きからどうぞ。 “槙尾山に行こうとしたら道間違えた” の続きを読む

サポートタイツの馴らしに大吉山に行ってきた

某山歩きマンガに影響して、さあ山登るぞーと決めたものの、脚が心配だったのでサポートタイツを買ってみました。

登山用のタイツは普通のとコンプレッションタイツとサポートタイツがあり、サポートタイツは下半身の筋肉を文字通りサポートしヒザなどの負担を軽減する機能があります。もちろん登山用に使えますが、最近は山を走るトレイルランでの使用が主みたいです。

一方コンプレッションタイツは加圧効果による血行促進を想定したもので、足のむくみを抑えたり疲れにくくする効果があるそうです。

とにかく使ってみないと分からんなと好日山荘で買ってみたものの、15000円という値段でびっくり。あとあと調べるとどうやらC3fitのハイエンドモデルらしい・・・

数少ない宇治の山、大吉山

宇治市内には伊吹山のような高い山がありません。観光名所として知られる場所も今回登った大吉山と、のちに登ろうと思っている槙尾山(天ヶ瀬森林公園)、朝日山、明星山、喜撰山、天下峰・・・あれ、結構あるな。

大吉山(仏德山)は宇治上神社そばのさわらびの道をたどればすぐ入り口のみつかる、アクセスしやすい山となっています。

標高は131mなので大吉山展望台からは気持ち目線低いですが宇治市街を一望でき、もみじの木が多く見られたので秋にくると一面の紅葉が見れそうです。

ウォークスルーは続きからどうぞ。 “サポートタイツの馴らしに大吉山に行ってきた” の続きを読む

今更Arduino Duemilanoveを触る

この記事は「Raspberry Pi記事まとめ」に集約しています。

電子工作に使う箱を覗いていたら、初期のArduinoが出てきたので、多少触れるようになっておこうかなぁと思い一緒に見つけたXBeeキットと合わせいじってみることにしました。

Arduinoといえばフィジカルコンピューティングの先駆けとも言われる存在で、今でも(主に互換機が)人気があります。 最近Arduinoチームが内部分裂しているそうで、米ArduinoLLCと伊ArduinoSRLの二社がごちゃごちゃしているみたい。 スイッチサイエンスのサイトを見ると、どれが元祖というか基本セットなのか分からないくらいラインナップがごっちゃになっていることから、オープンソースハードウェアも一筋縄じゃいかんのだなと思った次第です。

今回はそういうことは関係ない時代のArduinoをいじります。 Arduino DuemilanoveとXBeeシールドでXBee通信ができることこまでがゴールとなります。

参考サイト

“今更Arduino Duemilanoveを触る” の続きを読む

Raspberry Pi 2で遊ぶ(Ver.2.0):ログを見て色々対策

この記事は「Raspberry Pi記事まとめ」に集約しています。

一日サーバ的に運用してログを眺めてみると、連続して表示されるログがちらほらと見受けられました。
特に目立つログに対して対策をしてみました。

journalctl

エラーメッセージのチェックはjournalctlがエラーに色付けてくれるので便利です。

$ sudo journalctl
$ sudo journalctl -e        最近のログを表示
$ sudo journalctl -xe       詳細情報付き
$ sudo journalctl -f        ログの監視
$ sudo journalctl -u sshd   サービス毎のログを表示
$ sudo journalctl -b        起動時からのログを表示

他にもdmesg(kern.log)やmessagesでも見ることができます。

ログサイズの制限

ログは放置すると好きなだけ増えていくので、使用容量を決めておきます。

$ sudo vi /etc/systemd/journald.conf

【18行目変更】
SystemMaxUse=50M

ログの使用容量は以下のコマンドで知ることができます。

$ sudo journalctl --disk-usage
  • rsyslogd-2007: action ‘action 18’ suspended
  • 【未解決】MJPG-streamer [628]: serving client:IPアドレス
  • kernel: [37613.244531] [UFW BLOCK] IN=wlan0…
  • 【未解決】wlan0: AP MACアドレス changed bandwidth, new config is 2462 MHz, width 1 (2462/0 MHz)

“Raspberry Pi 2で遊ぶ(Ver.2.0):ログを見て色々対策” の続きを読む