Googleドライブのネットワークドライブ化に成功したと思ったら濁点問題に引っかかった

現在契約しているGoogleドライブは1Tまで使用することができます($9.99/月)。 Googleドライブは同期型のクラウドストレージサービスなので、直接アクセスするにはブラウザのみからとなります。

同期するということは、Mac内のストレージも容量分食うわけで。 同期させるフォルダを選別できますがそれでは1Tの恩恵を得られないわけで。

なんとかしてネットワークドライブみたいに直接接続できないかなぁともんもんとしていました。

ExpanDriveでクラウドストレージを直接つなぐ

WindowsはCarotDAVというソフトがあります。クラウドストレージをWebDAV接続するもので、同期させる必要なく直接接続できます。 Macは長らく良いのがなかったのですが、ExpanDriveが要求を満たせそうでした。

ExpanDriveはクラウドストレージサービスを外付けストレージのようにマウントさせるもので、同期させることなくクラウド内のファイルを見に行くことができます。

Googleドライブ以外にもAmazon CloudDrive、box.com、Dropbox、OneDrive等に対応しており、汎用のSFTP、WebDAVも使用することができます。

インストールも追加方法も実に簡単。これでMacの容量も開けられるし必要に応じて直接ファイルを放り込める・・・・のだったのですが。

濁音ファイル・フォルダが読み出せない

以前、こんな記事を書きました。

このUTF-8-MAC問題が出るパターンはネットワーク経由のもので、今回のExpanDriveで接続したクラウドストレージも例外ではありません。濁点のあるファイル・フォルダは読み出すことはおろか削除もできませんでした。これはGoogleドライブに限らずDropboxでも同様でした。 専用アプリによる接続であるため、上の記事にあるような対処法は使えません。ただ、新しいファイルやフォルダをExpanDriveで接続したストレージに直接保存させると読み出しができたりするので、絶望的ではないようです。

あと、Googleドキュメントのファイル(.webloc)を直接開くことができません。こればっかりはWebから見るしかないようです。 また、画像系などを連続で見たりすると通信制限がかかるのか時おり固まります。

5000円のするけど導入する価値はまぁありかと

ExpanDriveは$49.95の有料アプリです。高価なアプリではありますが導入する価値はあると思います。特にローカルストレージとクラウドストレージの容量が兼ねあってない人は特に。

CommanderOneというファイラーアプリでもGoogleドライブとDropboxを直接のぞきに行ったりできますが、濁点ファイルを見ると長時間固まって落ちてしまいます。ので、根本的な解決になりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中