Raspberry Pi 2で遊ぶ:古いBluetoothドングルが使えるか試す

この記事は「Raspberry Pi記事まとめ」に集約しています。

一応やってみたものの、大して意味はないなと思ったけど記録で残しとくか的なものです。

じゃんぱらだったかで売っていた数年前のBluetooth(以降BT)ドングルが二つみつかったので、RPiに認識させてみました。

デバイスチェック

BTドングルその1

$ lsusb
Bus 001 Device 007: ID 0a12:0001 Cambridge Silicon Radio, Ltd Bluetooth Dongle (HCI mode)
(省略)

BTドングルその2

$ lsusb
Bus 001 Device 008: ID 0a12:0001 Cambridge Silicon Radio, Ltd Bluetooth Dongle (HCI mode)
(省略)

デバイスIDもメーカーも一緒でした。違うのは形状だけ。

BT用パッケージをインストール

$ sudo apt-get install bluetooth

Jessieではbluez-utilsが使えないようなので、別の方法を使います。

参考サイト:kakakikikekeのブログ: RaspberryPi の bluetoothctl で無線キーボードに接続

bluetoothctlのエージェントモードで使用する

$ sudo bluetoothctl -a
[NEW] Controller RPiに挿しているBTアダプタのMACアドレス volac [default]
Agent registered

helpと打てばコマンド一覧が出ます。

ペアリングできそうなBT機器をスキャン

とりあえずスキャンしたら近くにあるMac miniを検出しました。

[bluetooth]# scan on
Discovery started
[CHG] Controller RPiBTMACアドレス Discovering: yes
[NEW] Device 検出したBT機器のMACアドレス xx-xx-xx-xx-xx-xx
[CHG] Device xx-xx-xx-xx-xx-xx LegacyPairing: no
[CHG] Device xx-xx-xx-xx-xx-xx Name: forneus
[CHG] Device xx-xx-xx-xx-xx-xx Alias: forneus
[CHG] Device xx-xx-xx-xx-xx-xx LegacyPairing: yes

現在RPiに挿しているBTの状態を確認

接続したBTアダプタが持つ機能などを確認することができます。

[bluetooth]# show
Controller 00:11:67:77:EE:2A
    Name: volac
    Alias: volac
    Class: 0x000000
    Powered: yes
    Discoverable: no
    Pairable: yes
    UUID: PnP Information           (省略)
    UUID: Generic Access Profile    (省略)
    UUID: Generic Attribute Profile (省略)
    UUID: A/V Remote Control        (省略)
    UUID: A/V Remote Control Target (省略)
    Modalias: usb:v1D6Bp0246d0517
    Discovering: yes

logicoolのマウスを接続

あらかじめscanでマウスのMACアドレスを記録しておきましょう。

[bluetooth]# connect マウスのMACアドレス
Attempting to connect to xx:xx:xx:xx:xx:xx
[CHG] Device xx:xx:xx:xx:xx:xx Connected: yes
[CHG] Device xx:xx:xx:xx:xx:xx Modalias: usb:v046DpB009d0416
[CHG] Device xx:xx:xx:xx:xx:xx UUIDs:
    省略
    省略
Connection successful

もちろんX限定ですがカーソルがちゃんと動くようになります。

起動時にBTマウスを自動接続するようにする

いちいちペアリングするのも面倒なので、起動時に自動接続するようにします。

[bluetooth]# trust マウスのMACアドレス
[CHG] Device xx:xx:xx:xx:xx:xx Trusted: yes
Changing xx:xx:xx:xx:xx:xx trust succeeded

ドングル抜いて挿しても自動で認識しました。

今回はBT機器の処理にbluetoothctlを使いましたが、一応hcitoolも使えます。

詳細は「プログラム備忘録 Raspberry Pi で Bluetooth 設定」を参照ください。

【失敗】MacアプリのType2Phoneを使ってキーボード接続してみる

Type2PhoneはiOS機器とBT接続してキーボード代わりにできるアプリです。

過去にセールで購入したままストレージの肥やしになっていたので、もしかしたらキーボード認識できるんじゃないかと思い実験しました。

結果は接続してすぐ切断するという状態でうまくいかず。ちゃんとしたBTキーボードを使えってことですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中