HomebrewでMacにLAMP環境を構築 #番外1:Cask、CUI、Quicklook…便利そうなツール

HomebrewにはGitHubで公開されているものであれば大抵のものがインストールできます。

GUIツール

せっかくMacというGUIがあるので、それを利用したツールもあります。

Caskのインストール

CaskはGUIアプリをHomebrewでインストールするためのものです。HomebrewのGUIは必ずこれを経由します。

$ brew tap phinze/cask $ brew install brew-cask 

Caskを使用したインストール済みformura一覧

$ brew cask list 

Caskでインストールしたアプリは通常のアプリと変わりがありません。brew cask uninstall formuraでアンインストールはできますが、設定ファイルは残るので完全削除したい場合はAppCleanerでアンインストールした方がいいでしょう。

インストール先をApplicationに配置

通常CaskをインストールするとユーザフォルダのApplicationにシンボリックリンクが置かれます。これを通常のApplicationフォルダに変更します。

$ vi .bashrc 

最終行に追記

export HOMEBREW_CASK_OPTS="--appdir=/Applications" 

env押してもリストに出ないことがあるので、「.bash_profile」に書いた方がいいかもしれません。

実行ファイル本体は「/opt/homebrew-cask」にあります。

LaunchRocket

参考サイト

LaunchRocketはApacheなどのサービス系パッケージを起動・停止できるものです。 コマンドをいちいち打つ必要がなくなるので、XAMPPぽくなります。

LaunchRocketのインストール

$ brew tap jimbojsb/launchrocket
$ brew cask install launchrocket 

インストールしたLaunchRocketはシステム環境設定にあります。 「As root」はスーパーユーザで実行、「At Login」はOS起動時に実行を指します。

シェルで起動する場合とLaunchRocketで起動するでは、起動時のパスが違います。なのでシェルで起動したものをLaunchRocketで終了するということができないので注意してください。

Cakebrew

CakebrewはGUIでパッケージ管理ができます。一応doctorやupdateも実行できます。 とはいえ、リポジトリの追加は結局ターミナルから行うため、思ったほどありがたみがありません。あ、あとCaskの一覧は出ません。ぶっっちゃけ今のところ使い道がありません。

普通にダウンロードして使用することができますが、リポジトリに用意されているのでそこからインストールします。

$ brew cask install cakebrew 

Haroopad

HaroopadはオープンソースのMarkdownエディタです。MacAppStoreなりに数多くMarkdownエディタはありますが、Homebrewでも用意されていました。ただバージョンがちょっと古いようです(0.12.2、最新は0.13.0)。 右ペインにプレビューが表示され、左ペインにテキストを書く方式で、さらにMarkdownのヘルプが左側に瞬時に表示されるのが便利。ただアイコンはちょっと気持ち悪い・・・

$ brew cask install haroopad 

インストールしたHaroopadはユーザフォルダのアプリケーションに入ります。 注意するべきは終了時に保存確認が出ないこと。地味に致命的なんじゃないだろうか。 ちなみに、定番のMarkdownエディタに「Mou」というものがあります。こちらも方式は似たような感じですね。

Hosts

HostsはMacのhostsファイルを編集することができるものです。 作成したhosts一覧を任意で有効無効することができます。

$ brew cask install hosts 

LaunchRocket同様システム環境設定に追加されます。

Sequel Pro

Sequel ProはGUIのMySQL管理アプリです。 WebではphpMyAdminがありますが、こっちの方が見やすい気がします。 ローカルホストだけでなくリモートのSQLも参照できるので、特定レコードの編集がしやすいんでないかなと思います。

$ brew cask install sequel-pro 

Atom

AtomはGithubの提供するWeb開発向けのテキストエディタです。少し前まで一部のユーザのみ公開されていましたが、今では一般で利用できます。 GUI設定画面が追加されたSublimetextのようなもので、インターフェイスは非常によく似ています。

$ brew cask install atom 

その他諸々

OSSのもののみかと思いきや、有名どころのアプリがインストールできます。 GoogleChromeもしれっとありますが、自分は普通にインストールしました。

  • appcleaner:アプリのアンインストーラ
  • dropbox:定番クラウドストレージ
  • shupapan:ファイルの一括変換
  • bettertouchtool:マウスやトラックパッドの機能追加
  • handbrake:動画変換
  • skype:定番通話アプリ
  • imageoptim:画像最適化アプリ
  • tinkertool:Macの隠し機能を操作できる
  • iterm2:ターミナルソフト
  • caffeine:ワンクリックでサスペンドを解除
  • libreoffice:オフィススイート、日本語パッチは普通に入れる必要あり
  • coteditor:軽量テキストエディタ
  • onyx:メンテナンスアプリ
  • burn:ディスク書き込みアプリ
  • genymotion:Androidエミュレーションツール
  • chrome-remote-desktop-host:Chrome上でリモートデスクトップが可能に
  • easyfind:質実剛健なファイル検索アプリ
  • transmission:シンプルなTorrentダウンローダ
  • adwaremedic:アドウェアを探してくれる
  • evernote:定番クリップツール

CUIツール

こちらはGUIではないパッケージを紹介します。

w3m

w3mはテキストベースのWebブラウザで、検証用、非常用などに利用できる軽快なブラウザです。 操作感覚はケータイのブラウザに近いですね。カーソルキー上下でページスクロール、左右で戻る・進む、「q」で終了、「m」でメニューが出ます。

$ brew install w3m
※同時にbdw-gcが入る 

ちなみに元祖テキストブラウザであるlynxもHomebrewに用意されています。

Imagemagick

ImagemagickはCUIベースの画像編集ソフトウェアです。主に画像変換に使用されます。Wordpressではおなじみですね。

$ brew install imagemagick
同時にlibtool、jpeg、libpng、freetype、xzが入る 

FFmpeg

FFmpegはCUIベースの動画変換ソフトウェアです。

$ brew install ffmpeg
同時にx264、lame、libvo-aacenc、xvidが入る 

Pandoc

PandocはCUIベースのテキスト変換ソフトウェアです。HTMLをMarkdownにしたりPDFにしたりできるそうです。

$ brew install pandoc
同時にgmpが入る 

Nmap

Nmapは指定したホストに対してポートスキャンがかけられるコマンドです。 利用に関してはかなりデリケートなので、使用するのは自分の管理内にとどめ、外部のホストにかけないよう注意してください。

$ brew install nmap 

Quicklook Plugin

Macには特筆すべきプレビュー機能であるQuicklookがあります。 通常では見られる機能が限られますが、プラグインを導入することで表示できる範囲が大きくひろがります。

参考サイト

導入したプラグインは「~/Library/QuickLook」に入ります。 導入後は以下のコマンドで更新してください。

$ qlmanage -r 

QuicklookStephen:拡張子のないファイルを表示

$ brew cask install qlstephen 

QLMarkdown:Markdown形式の文書を表示

$ brew cask install qlmarkdown 

Quicklook JSON:JSON形式のファイルを表示

$ brew cask install quicklook-json 

QuicklookCSV:CSVファイルを表示

$ brew cask install quicklook-csv 

BetterZip Quick Look:ZIP内のファイルリストを表示

$ brew cask install betterzipql 

Suspicious Package:pkg内のファイルリストを表示

$ brew cask install suspicious-package 

QLColorCode:ソースコードのハイライト表示

$ brew cask install qlcolorcode 

qlImageSize:画像サイズ、容量を表示

$ brew cask install qlimagesize 

AcriptQL:AppleScriptを表示

$ brew cask install scriptql 

BrushViewQL:Photoshopのブラシファイル(.abr)を表示

$ brew cask install brushviewql 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中