有線LANしか使えない時のYosemite再インストール方法

滅多にない状況ですが、自分が遭遇したのでメモ。

システムがおかしくなって再インストールしないと行けないとき、特殊な設定が必要とかで無線LANが使えないけど有線LAN(USB Ethernetアダプタ)は使える、でも固定IPしか受け付けないときの対応方法です。

最近のMacは再インストールするにも追加コンポーネントのインストールにネットワークを使うので、こういう事態になってしまいました。

  1. command+Rを押しながら電源ボタンを押してリカバリ画面へ
  2. OSXユーティリティ上でターミナルを起動
  3. $ networksetup -listallnetworkservices
    Bluetooth DUN
    USB Ethernet
    Wi-Fi
    Bluetooth PAN
    Thunderbolt Bridge
    「USB Ethernet」を覚えておく
  4. $ networksetup -setmanual “USB Ethernet” IPアドレス サブネットマスク ルーター
  5. $ networksetup –setdnsservers “USB Ethernet” プライマリDNS セカンダリDNS

pingで外部通信できてるか確認しましょう。

これで有線LANを経由した再インストール作業ができます。

カテゴリー: Mac タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中