ColorMunki DisplayのYosemite動作にはXRD Managerが必要

どうもYosemiteは内部構造は思いの外変わっているようで、従来の方法で動かないことがちらほら。ColorMunkiも例外ではありませんでした。

どうやらYosemiteでのColorMunkiの動作にはXRD Manager(X-Rite Device Service)が必要らしく、これを入れないとデバイスが認識しません(USBに挿してくださいで進めない)。

XRDは最新バージョンでMarvericksまで、ColorMunkiソフトウェアは最新版がWindows用でMac版はひとつ前のものを使用しないといけないという状態ですが・・・一応自分の環境ではXRDが2.3.2、ColorMunkiソフトウェアは1.1.0で動きました。

カテゴリー: Mac タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中