同期の際に「同期セッションを開始できなかったため、iPhoneを同期できませんでした。」が出たらLockdownファイルを消してみよう

すげえ長いタイトル。

最近iPhoneをMacに繋いでiTunesで同期させると、「同期セッションを開始できなかったため、iPhoneを同期できませんでした。」というエラーが出て同期できない状態が発生してました。

iPhoneを再起動させても症状が改善しなかったので、なにが原因なのかなと探してみたところ、Lockdownフォルダ以下のファイルを削除すれば解決できることを発見。

以下はその手順です。

  1. Finderのメニューバーから「移動」→「フォルダへ移動」をクリック。
  2. 「/var/db/lockdown」と入力し、「移動」をクリック。
  3. 表示されたフォルダの中身をすべて削除。※lockdownフォルダそのものを削除しないように!

手順はこれだけです。

Windowsの場合は「¥ProgramData¥Apple」以下の「lockdown」フォルダそのものを削除すればいいそうです。

同期ができないと何が困るかって、ボイスメモが拾えないことなんですよね。復元しちゃうとみんな消えてしまうので。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中