塗装練習用ジムを作る #02

前回の記事が…1月30日ですか。その間にグフカスタム作って墨入れで挫折したりRGゼータ作ってゲート処理するの忘れたままコート吹いて悲鳴上げたりしてたので、全くプラモしてない訳ではないです。仕事が労働レベルになって忙しいのは確かですが。

20130519:塗装練習用ジムを作る #02 00120130519:塗装練習用ジムを作る #02 002

20130519:塗装練習用ジムを作る #02 003

そんなわけで塗装練習用ジム製作第二弾。ちまちまと作業してサフを吹いてみました。いじったポイントは以下な感じ。

  • 頭部をガンダムオンライン版に変更。後でジムコマンドライトアーマーの頭だというのに気付く。
  • バイザーの形状を変えたので、後ハメ加工が不可能に。塗装が終わるまでマスキングで封印。
  • バトルオペレーションを参考にパネルラインをペンで適当に書いて、全身スジ彫り。欲しいBMCタガネがどこにもないので、ラインチゼル0.2と0.6を調達。ガタガタなのは相変わらず。てかふくらはぎのスジ掘りとかどうするんだ…
  • スソがスソになってないのでカバーを作成。
  • バックパックをG30thを参考に形状出し。スラスターはMSGのを使い1発の物を2発に変更。
  • ビームサーベルを適当に延長。グリップをメッシュのようにする方法が思いつかないのでオミット。
  • なんとなく買ったビルダーズパーツのMSスパイクを持て余したので、ジャンクから見つけたガンダムハンマーを凶悪に。なんかでかいなと思ったらG30thのではなくMGターンエーのハンマーだと気付く。
  • シールドがないのは可哀想だと思い、ジムシールドを切ってホワイトディンゴ版ジムスナイパー2シールドを作成。ただし使うのは覗き穴がある方。割と小さいです。

いじったのはこんな感じ。工作してる方が落ち着くな…

今回始めて水性缶サフを吹いたのですが、一回程度では下書きの線を隠すには至らず、やはり何回か吹く必要があるようです。

あとあと調べてみると、パーツとの距離は5cmくらいなんだそうで。トップコートの感覚で塗ってたもんだから、結構離して吹いてました。どうりで消費が激しいはずだわ…

とはいえ、表面のキズ確認には十分で、いわゆる捨てサフってこういうことなのかと思いました。

サフ吹いてキズ埋めして、ようやく塗装ができそうです。キズ埋めに瞬着って万能やね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中