Raspberry Piをカメラサーバにする #番外編 Puttyで使っていたRSA認証鍵をMacで使う

現在使用しているカメラサーバは、SSHでログインするのにRSA認証鍵を使わないとログインできないようになっています。
Macを使い出してから、滅多にログインすることがなかったので、存在自体を半ば忘れていました。

Rasperry Piの設定作業をやりだしてから、外部からログインするにはどうしようかなと考えていた時に、現カメラサーバからRaspberry PiにSSHすればいいかと思いつき、いざMacのターミナルから入ろうとした時に鍵がないぞというのに気づいてちょっとだけ奮闘した記録です。

RSA鍵の変換

現在所持しているRSA鍵はPutty用のものだった(id_rsa.ppk)ので、これをOpenSSHの形式(id_rsa)に変換します。
この時の作業はWindowsで。 

  1. Puttyごった煮版に同梱されている「puttygen.exe」を起動
  2. 「読み込み」をクリックし、id_rsa.ppkを開く
  3. メニューの「変換」→「OpenSSH形式へエクスポート」をクリック
  4. ファイル名を「id_rsa」として保存する
  5. VMware Fusionを使っているならデスクトップに保存、そうでないならUSBメモリ等で鍵をMacに持ってくる

MacのターミナルでRSA鍵を使えるようにする

ユーザフォルダには「.ssh」という隠しフォルダが存在しています。ここに変換したRSA認証鍵を入れます。

隠しフォルダなので通常の方法ではコピーできませんので、ターミナルアプリを使ってコピーします。

$ cp ~/Desktop/id_rsa ~/.ssh

これで、MacのターミナルからでもSSH接続ができるようになりそうなのですが、このまま接続しようとすると「bad permissions: igone key: /Users/ユーザ名/.ssh/id_rsa」というエラーが出てしまいます。

要はid_rsaのアクセス権がおかしいだけなので、ターミナルから以下のコマンドを入れてアクセス権を変更します。

$ chmod 0600 ~/.ssh/id_rsa

晴れてMacからでもSSH接続できるようになりました。
ちなみにターミナル.appではなくiTerm2でもRSA鍵の置き場所は同じです。

MacでSSHログインするには以下のコマンドで行います。

$ ssh ユーザ名@ドメイン

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中