Raspberry Piをカメラサーバにする #02 SD書き込み編

とにかくOS入れなきゃ話が進まんということで、SDカードにOSをインストールします。

入れ方がちょっと特殊で、Raspberry PiにSD差してイメージCDの入ったUSB光学ドライブを差してブートして・・・という方法ではなく、WindowsなりMacにSDカードを差して、その中にOSイメージを入れる、という方法になります。考え的にはUSB Linuxとか1CDLinuxとかそんな感じでしょうか。
なので、この段階ではRaspberry Piは使いません。

使用環境は以下の通り。今回はMacを使いますが、Linuxでも当然行けます。Windowsは専用のイメージライタがあったと思います。

  • 母艦:MacBook Air 11-inch, Mid 2012
  • SDカード:Trancend SDHC 16GB Class 6 TS16GSDHC6
  • カードリーダ:サンワサプライ ADR-ML7W

使用するターミナルアプリはiTerm。使用するOSはRaspbian “wheezy”を使います。

Downloads | Raspberry Pi」より、「Raspbian “wheezy”」をダウンロード。

※原稿執筆時点では「2012-10-28-wheezy raspbian.zip」
※「Soft-float Debian “wheezy”」はAMD CPU搭載PCじゃないと駄目だとか。

iTermを起動し、ダウンロードフォルダに移動。

$ cd Downloads

ファイルのハッシュを確認

公開されているSHA-1は「3ee33a94079de631dee606aebd655664035756be」。

$ shasum 2012-10-28-wheezy-raspbian.zip 
3ee33a94079de631dee606aebd655664035756be 2012-10-28-wheezy-raspbian.zip

SDカードリーダーを接続し、パーティションを確認

一番下の「/dev/disk3s1」が該当のSDカードになります。環境によって数字は違うので注意して下さい。ちなみに「FREECOM HDD」はただの外付けHDDです。

$ df -h
Filesystem Size Used Avail Capacity iused ifree %iused Mounted on
/dev/disk0s2 465Gi 205Gi 260Gi 45% 53723252 68204977 44% /
devfs 210Ki 210Ki 0Bi 100% 727 0 100% /dev
map -hosts 0Bi 0Bi 0Bi 100% 0 0 100% /net
map auto_home 0Bi 0Bi 0Bi 100% 0 0 100% /home
map -fstab 0Bi 0Bi 0Bi 100% 0 0 100% /Network/Servers
/dev/disk1s2 465Gi 318Gi 147Gi 69% 83468974 38543692 68% /Volumes/FREECOM HDD
/dev/disk3s1 15Gi 2.9Gi 12Gi 20% 0 0 100% /Volumes/TS16GSDHC6

SDカードのアンマウント

$ diskutil unmount /dev/disk3s1
Volume TS16GSDHC6 on disk3s1 unmounted

パーティションを初期化

$ sudo fdisk -i /dev/disk3
fdisk: could not open MBR file /usr/standalone/i386/boot0: No such file or directory

----------------------------------------------------
------ ATTENTION - UPDATING MASTER BOOT RECORD ------
-----------------------------------------------------
 
Do you wish to write new MBR and partition table? [n] y

パーティションの確認

$ sudo fdisk /dev/disk3
Disk: /dev/disk3 geometry: 1953/255/63 [31387648 sectors]
Signature: 0xAA55
Starting Ending
#: id cyl hd sec - cyl hd sec [ start - size]
------------------------------------------------------------------------
*1: AB 0 1 1 - 1023 254 63 [ 63 - 16384] Darwin Boot
2: AF 1023 254 63 - 1023 254 63 [ 16447 - 31371201] HFS+
3: 00 0 0 0 - 0 0 0 [ 0 - 0] unused
4: 00 0 0 0 - 0 0 0 [ 0 - 0] unused

ダウンロードしたZIPを展開

$ unzip 2012-10-28-wheezy-raspbian.zip 
Archive: 2012-10-28-wheezy-raspbian.zip
inflating: 2012-10-28-wheezy-raspbian.img

SDカードにイメージを書き込み

$ sudo dd bs=1m if=2012-10-28-wheezy-raspbian.img of=/dev/rdisk3

ちゃんとファイルが入ったか確認

$ cd /Volumes/Untitled/
$ ls -al
total 33808
drwxrwxrwx 1 akitaka staff 16384 12 17 10:40 .
drwxrwxrwt@ 5 root admin 170 12 17 10:40 ..
drwxrwxrwx 1 akitaka staff 8192 12 17 10:40 .Trashes
drwxrwxrwx 1 akitaka staff 8192 12 17 10:40 .fseventsd
-rwxrwxrwx 1 akitaka staff 17764 10 28 17:40 bootcode.bin
-rwxrwxrwx 1 akitaka staff 142 10 28 22:11 cmdline.txt
-rwxrwxrwx 1 akitaka staff 1180 10 28 22:11 config.txt
-rwxrwxrwx 1 akitaka staff 5282 10 28 17:40 fixup.dat
-rwxrwxrwx 1 akitaka staff 2020 10 28 17:40 fixup_cd.dat
-rwxrwxrwx 1 akitaka staff 137 10 28 23:01 issue.txt
-rwxrwxrwx 1 akitaka staff 2695192 10 28 17:40 kernel.img
-rwxrwxrwx 1 akitaka staff 2104952 10 28 17:40 kernel_cutdown.img
-rwxrwxrwx 1 akitaka staff 9522048 10 28 17:40 kernel_emergency.img
-rwxrwxrwx 1 akitaka staff 2347828 10 28 17:40 start.elf
-rwxrwxrwx 1 akitaka staff 523144 10 28 17:40 start_cd.elf

これでwheezyのSDカード書き込みは完了です。
次はこのSDカードをRaspberry Piに差して初期設定を行います。

それにしても、Macはこういう作業のとき余計な作業しなくていいから楽だなぁ…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中