いまさらAGE-1を制作 #01

【この記事は2013/01/30に書きました】

ガンプラ館2にある「AGE-1改」や、モウソウモデリングタイムの「AGE1-N03」に触発され今更ながらAGE-1を制作しています。作業開始はもっと前ですが。

AGE-1ノーマルとスパローをミキシング(ミキシングなのか?)し、AGE版レッドウォーリアを制作しました。レッドウォーリアの特徴である頭部アンテナ、フレキシブル3発バーニア、巨大バズーカ、小さいシールド、足部ダンパーといった特徴をできるだけ再現。

AGE-1自体かなりよくできたキットなので、体型の調整は一切なし。あくまでディテール追加を重点的に行なっています。
全体のシルエットは先述のAGE-1改ですが、各所のデザインベースを以下のものから取ってきています。

  • 肩のバーニア:GP-04ガーベラ
  • 右腕固定ビームサーベル:STANDART版ジムスナイパーカスタム
  • 左腕小型シールド:ジェノアス
  • ふくらはぎスラスター:ガンダム7号機
  • アンクルアーマー:アルトロンガンダム
  • 巨大バズーカ(試作シグマシスライフル):ファンアート版AGE-3+サーペントカスタム 
まずは前面。

20121117:いまさらAGE-1を作成 #01 01

ドッズライフルはシャルドール(だったか)のライフルを見てフルスクラッチしています。あくまで牽制兵器という感じで。
ついで背面。

20121117:いまさらAGE-1を作成 #01 02 

AGE-1でも特徴的な背部バーニアをより凶悪に。バーニアパーツがまずノーマルとスパローで2つと、アデルを作った時に余ったもので一つ確保できたので、思い切って3発載せてやりました。全部噴かすと数秒で燃料切れになりそう。

試作シグマシスライフルのベースはダンボール戦機ウェポンセットのエグゼキューショナーから。砲身くらいしか面影ありませんが。
ファンアート版AGE-3にあったシグマシスライフルは腕に直結というタイプだったので、よりバズーカぽく後部ディティールを制作。 

他の細かい改修点は後ほどということで、一応こんなことやってましたよと。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中