Video Converter+BurnでDVDビデオ作成

忘れないうちにメモ。

ビデオ撮影したファイルや、地デジ録画したものをMacを使用してDVDビデオに書き出しするには、一般的な手法だとiMovieで一度MOV形式に変換してiDVDで書きだすという作業が必要になるかと思います。

iMovieは最初の変換作業が結構時間かかるし、変換したはいいもののLionにはiDVDは積んでおらず書き込みできないという悲惨な状況になります。

Windowsだと書き込みソフトの定番にImgBurnというものがあって非常に便利なのですが、MacだとToastなどの1万超の有料ソフトが定番になってしまうので、ちょうどいいものながないかと探していました。

Video ConverterでVOB形式に変換して、Burnで焼く

Video ConverterはLeawo Softwareが出しているアプリで、動画ファイルを様々なメディア形式に変換できます。Mac AppStoreで450円セールの時に買いました。元々は1700円するもののようです。

操作もシンプルで、変換したい動画をドラッグし、メディアフォーマットの書かれたアイコンをクリックして変換したい形式を選択、あとは変換するだけとなっています。
他には一覧にある動画をまとめて一本に結合できたり、意味があるのかわかりませんが3D映像にしたりもできます。

 そして、Burnは名前の通り焼きソフトで、わりと昔からあるアプリらしく、現在はオープンソースで配布されています。Mac AppStoreにはおいてないのサイトからでダウンロードする必要があります。Motionもそうですけど名前が一般的すぎて引っかからないんですよね・・・

というわけで、Video Converter+BurnでDVDビデオを以下の手順で作成しました。

環境はMacBook Air+SuperDriveです。MacでDVDやCDを焼く際、どうも他のドライブは安定せず焼き失敗が頻発します。SuperDriveだと問題なく焼けます。ちょっと釈然としませんけど。

  1. Video Converterを起動
  2. DVDにしたい動画をドラッグ
  3. メディアフォーマットが表示されたアイコンをクリック
  4. 「一般ビデオ」→「DVD」をクリック
  5. ウインドウ右下のボタンをクリック、変換開始
  6. Video Converterを終了し、Burnを起動
  7. メニューの環境設定を開き、「ビデオ」タブにある「一般」→「地域」を「NTSC」に変更。環境設定を閉じる
  8. 「ビデオ」タブをクリック
  9. 「名称未設定」を「DVD_VIDEO(任意)」に変更、隣のリストは「DVD-Video」に
  10. ウインドウ左下にある「+」をクリックし、先程変換した動画ファイルを入れる(ドラッグでも可)
  11. ブランクメディアをSuperDriveにいれ、「ディスク作成」をクリック

これでDVDビデオが作成できます。当初リージョンの問題が出るかなと思っていたのですが、職場にある民生用プレーヤーで問題なく再生できたので、そのへんは大丈夫なのかなとおもいます。

最初のVideo ConverterでVOBに変換したのは、地デジ録画のファイルは変換の際にどうも内部データを汚して?しまうらしく、直接Burnで焼こうとすると強制終了が出ていました。
そこで、Video ConverterでDVD用の形式(VOB)に変換してやることで、Burnでも安定して書き込みができるようになったという経緯があります。

Video Converterは通常の動画変換としても、iPhoneやPSPなどに動画を放り込むにしても、実に手軽で優秀なアプリだと思います。通常価格はそこそこしますが、割と頻繁に値下げをしてたりするので、チャンスがあれば購入することをおすすめします。

カテゴリー: Mac タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中