ジム・スナイパー2 製作記 #4

【この記事は2012/03/08に書きました】

ちまちま進めてるジム・スナイパー2製作計画。今回は脚部の改修をメインに進めていきます。
まずは全体のシルエットから!という方針なので、スジボリとかのディティールは後でやります。

ふくらはぎスラスターの制作

まずはジムスナ2の大きな特徴の一つであるふくらはぎスラスターから。

20120103:ジム・スナイパー2 製作記 #4 002

前にも書いたとおり、形状はジム・ストライカーをベースに制作しました。
実際のジム・ストライカーのパーツにプラ板を一時的に貼付けて形状を出した後、ジム改の足に合わせて引っかかる部分を削って調整、そのあと残りの4枚を複製しました。

20120103:ジム・スナイパー2 製作記 #4 001

内部スラスターもジム・ストライカーと同じような感じにしようかと考えてます。
上にかぶせるプラ板がちょっと厚すぎました。後でもう少し薄くする予定。プラ板を張り合わせた時にできたスキマはアルテコで埋めます。

膝吸気口の制作

続いて膝吸気口の製作です。

20120103:ジム・スナイパー2 製作記 #4 003

これはまだ途中で、だいたいこんなんかなという感じで作ってます。
ひざ上に3mm分プラ板を貼って延長、膝のラインに沿って削ってから、左右の外装を膝パーツ側面のラインに沿うように着けています。
どれくらい前に出っ張ればいいのかわからなかったので、 パワードジムの膝アーマーの出っ張りを基準に決めてました。
これも形を出した後にできたスキマはアルテコで埋めます。

手首の調整

次は接着が乾くまでということで、どうも気になっていた手首をいじりました。

20120103:ジム・スナイパー2 製作記 #4 004

写真で言うと前回が右、今回工作したのが左です。
小さい方が手とのフィット感があったのですが、腕とのバランスが合わなかったので一回り大きい物にかえました。結果的に手のフィット感は変わらず、バランスが良くなったんじゃないかなと思います。

今回の製作状況はこんな感じ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中