今更iPhone3GSのバッテリーを交換してみた

既にiPhone4Sが発表されて数日が経ちましたが、今更ながら3GSの内蔵バッテリーを交換してみした。といっても作業したのはだいたいひと月前なんですけどね。

交換前は減りの速さはもちろん、残り30%で電源が落ちるということがあったのに対し、交換後は残量1%を切っても大丈夫なようになりました(1%になると自動シャットダウンするのを初めて知った)。

一つ驚いたのが、バッテリーモジュール自体を6月頃に買っていたにも関わらず、交換直後に起動したら70%も残ってました。

Webで事例だと交換後にシステムが不安定になり、復元を余儀なくされたというのを見かけましたが、自分の場合は日付が1970年になったおかげで、日付修正したら大量の予定アラームが鳴り響いたくらいで特に問題はなかったです。

バッテリー交換による効果は絶大なので是非お勧めしたい所なのですが、交換そのものの過程が細かい作業となるため、そこそこ器用な人じゃないと厳しいかもしれません。自信がなければ代行業者に任せた方がよいと思います。

ちなみに交換に使ったのはこれ。ピンセットなんかは粗悪品で100円ショップのほうが品質いいんじゃないかというレベルですが、ドライバーとかヘラとかはまあまあ使えます。ピックの使い道はよくわかりませんでした。

20111009:今更iPhone3GSのバッテリーを交換してみた

実はこのあとiPhoneを軽く落としてしまい、液晶に亀裂が入ってしまいました。操作は問題なく行えるだけにすごく微妙な気分です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中