HGUC用ハンドガンを作ってみた

HGUCシリーズで使用できるハンドガンを作成してみました。ガンダムシリーズで登場するハンドガンでの最小サイズはおそらくVガンダムの分解されたビームライフルですが、他のハンドガンというと何故か手斧みたいな形状だったり、ハンドガンの名を借りた小型ライフルだったりと、人間が持つサイズを想定したハンドガンってないなということで実験的に作成。
まぁ、コレを作成したとき指を切るという代償を得てしまったわけですが・・・

20110828:HGUC用ハンドガンを作ってみた02

使用パーツは以下の通り。

  • HGUCジム改のマシンガン
  • コトブキヤ M.S.G. MW-02 バズーカ・ハンドガン
  • コトブキヤ M.S.G.P-126 ダクトノズルIII
  • コトブキヤ M.S.G.ガトリング
  • 適当なランナー

コンセプトは「トリガーガードのあるハンドガン」。コトブキヤのハンドガンの弾倉?とグリップ、銃口を切除し、グリップと銃口にジム改のマシンガン、銃口付近のガード部分やその他の装飾に使ってないMSGのパーツを使用しました。
あと、ハンドガンの弾倉を切り取ると大きな穴があくため、そこには適当な細めのランナーで塞いでいます。

20110828:HGUC用ハンドガンを作ってみた0120110828:HGUC用ハンドガンを作ってみた03

実際に持たせた時にあまり違和感が出ないサイズになってるかなと思います。実銃のサイズだとベレッタよりちょっと大きいくらいかな。ちなみにレティクルもちょっと小さくしてます。縦幅が広めなので、もう少し削ればガバメントみたいになるかもしれません。

個人的にエポパテ削りだしとかプラ板積層削りだしとかはできないので、自分ができるのはこの程度かと。小物系を作るのも楽しいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中