今さらだけどLa fonera 2.0(FON2202)にOpenWRTを入れてリモートカメラサーバにしてみる:下準備編

長たらしいタイトルですいません。

以前から、カメラサーバというのはASUS EeeBox B202にCentOSを入れて運用(ていうかほぼ放置)していたのですが、小さい無線AP(Planex GW-MF54G2)の調子が悪くなって交換した際、従来の設定ではうまくいかなくなってしまいました。交換した無線APもかなりクセがあるので、それはそれで考えないといけませんが。

実質外部サーバはカメラ用にしか使ってないし、EeeBoxを使うまでもないなということで、タンスの肥やしになっていたFON2202をカメラサーバにすることにしました。

実はだいぶ前にfonにOpenWRTを入れるのは成功していて、mjpg-streamerを動かすところまでやっています。MotionJPEGも一応は動くものの、あまり高解像度だとfon側の処理が追いつかないため、320か640くらいのサイズで使うことになります。

今回はMacでやってみます。シリアルコンソールさえ繋げられればWindowsだろうがLinuxだろうが一緒です。

用意するもの

  • MacBookAir 11in. + Snow Leopard
  • La fonera 2.0 (FON2202)
  • 玄人志向 SCON-KIT/PRO + 4線コード(自作)

SCON-KIT/PROとFON20202をつなぐシリアルケーブルを作成する

SCON-KIT/PROはFTDI FT232RLという定番チップを使ったUSBシリアル変換基板です。たまたまAmazonで見つけたものを使っていますが、別にSparkfunが出してるFT232RLUSB-シリアル変換アダプタでも構いません。fonのハックが出た当時は携帯につなぐ通信ケーブル(型番忘れた)が重宝がられていたようです。

基板は用意できてもfonと繋げられるようケーブルを作成しなければいけません。

玄人志向 SCON-KIT/PROピンアサインLa fonera 2.0(FON2202)ピンアサイン

1枚目がSCON-KIT/PRO側のピンアサイン、2枚目がfon側のピンアサインです。
fonのガワを開けるには、LEDランプがある側のゴム足を外せばネジが見えるので、それを外せば開けることができます。

ケーブルは適当に作成すればいいのですが、RxDとTxDは交互につなぐことに注意が必要です。図にすると以下のような感じに。

今さらだけどLa fonera 2.0(FON2202)にOpenWRTを入れてリモートカメラサーバにしてみる02

で、ケーブルをつなぐと次のようになります。注意すべきは電源供給をするVCCで、差し間違うと最悪基板を壊す可能性があるので気をつけましょう。今回はSCONもFONも電源はUSBなりACから給電してるので、最初から抜いておいてもいいかもしれません。

今さらだけどLa fonera 2.0(FON2202)にOpenWRTを入れてリモートカメラサーバにしてみる01

ケーブルは何でもいいですが、私の場合はたまたま転がってたよくわからないジャンクケーブルのピンヘッダ差し替えで作ってみました。差し替えを想定して他にも使うかもという方は、電子工作で使うジャンパピンなんかも手軽でよさそうです。

Macから接続してみる

準備ができたところで、早速Macから接続してみましょう。

ドライバのインストール

SCON-KIT/PROは前述のとおりFT232RLを使っていますので、それを認識させるドライバが必要となります。

ダウンロード先:Virtual COM Port Drivers

ダウンロードするものはVCPドライバの一覧から、「Mac OS X」項目にある32bit版の「2.2.16」をダウンロードしました。ファイル名は「FTDIUSBSerialDriver_v2_2_16.dmg」です。MacBookProとかなら64bit版でもいけるのかな?

インストールはシンプルにダウンロードしたdmgをマウントして、中にあるmpkgファイルをダブルクリックしてウィザードに従いインストールするだけ。
dmgの中にはバージョン違いが二つありますが、今回は新しい方を入れました(FTDIUSBSerialDriver_10_4_10_5_10_6.mpkg)。

Mac標準ターミナルからアクセス

SCON-KIT/PROをMacに接続し(FONはまだ電源を入れなくて良い)、Mac標準のターミナルを起動します。

FT232のドライバがちゃんと認識されているか確認するため、以下のコマンドを入力します。

$ ls /dev/tty.*
/dev/tty.Bluetooth-Modem  /dev/tty.Bluetooth-PDA-Sync  /dev/tty.usbserial-A7004ttN

最後に出た「/dev/tty.usbserial-A7004ttN」があれば認識に成功しています。

つぎに、いよいよシリアルコンソールに接続します。Macのターミナルには標準でシリアルコンソールを表示するコマンドが用意されており、余分なソフトなく使用することができます。ただし、一部では文字化けの報告があるらしく、気になる場合はJerminalとかminicomとかいうソフトを使うと良いそうです。

$ screen /dev/tty.usbserial-A7004ttN

あとはFONの電源をいれてやると、ブート状況がシリアル経由で流れてきます。

これでファーム書き換えの準備ができました。次回はFONにOpenWRTをインストールしてみます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中