StartMac:MacからWindowsへリモートデスクトップ接続する

リモートデスクトップがビックリするほど簡単にできたのでご紹介。

Windowsがサーバへリモート接続する際の定番としてリモートデスクトップというものがあります。Macから接続するときはどうしたらいいのかなとぐぐってみると、数ステップでリモートデスクトップを使う方法がありました。

  1. Microsoft Office for Mac | Office For Macへアクセス。
  2. ダウンロードをクリックし、製品欄の「Remote Desktop」から、ダウンロード「Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac 2.1.0」へとクリック。
  3. 詳細欄にダウンロードするdmgを選択するところで、「Japanese(.dmg)」をクリックしてダウンロード。
  4. RDC2.1_ALL.dmgをマウントし、RDC Installer.mpkgインストーラを起動。
  5. あとは手順にしたがってインストール。

インストールが終わるとDockに追加されているので、それを起動すればリモートデスクトップが使えます。私の場合はそんなに頻繁に使うわけではないのでDockからは消してます。

設定項目もWindows版のリモートデスクトップと同じ。意外だったのが思いのほか動作が速いこと。接続してログインしてデスクトップが出るまで一瞬で表示されました。

Office:Macにカテゴライズされているので有料かと思いましたが、Remote Desktop Connectionは無料で使えます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中