Mac上でのiTunes利用に悩んでいた

なんかあんまり効率のいい方法じゃないのですが一応。

当初、Macbook Airを購入したときに、iTunesとiPhoneの同期を統一しようとしてわざわざNASまで買って設定していたのですが、いまいち納得できる方法がなくて悩んでいました。

まず、NAS上に音楽ファイルだけじゃなくiTunes Libraryごと管理する方法を試しました。
iTunes起動してPodcastやiPhoneの同期をNASに保存するという方式ですね。

方法としては一番簡潔だし楽と思われたものの、一度NASの接続が切れるとMac上のiTunes Libraryのパスが初期化されてしまうという事態に。なのでこれは×。

次に、やっぱりMacでの管理はやめてメディアサーバ化してるDell Studio Hybridで同期しようかという方法は、仕事用で使用しているボイスメモがMacで確認できないのと、せっかくMacあるのに結局Windowsで管理かよ!と思ってやめました。多分メディアサーバ的にMac miniかiMacにして…みたいな方がいいんでしょうけどね。

で、結局以下のような感じに決めました。

20110227:Mac上でのiTunes利用に悩んでいた

  • 総合音楽管理環境はStudio Hybridに任せる
  • iPhoneの同期はMacBook Airでやる
  • 互いのホームシェアリングを有効にする
  • iPhoneで持ち歩きたい曲やアプリ、Podcastがあれば、ホームシェアリング経由でドラッグしてMacBook Airへコピーする
    ※ただの共有だとコピー出来ないけどホームシェアリングならできる
  • ボイスメモなどMacBook AirからStudio Hybridへドラッグでコピーする

MacBook Airに置くのは必要最小限にするってことですね。これならMacBook Airをスタンドアロンで動作させても問題ないので大丈夫かなと。

無理やりNASを保存先にしていますが、この構成だとStudio Hybridに外付けHDD付ければNASいらないんじゃないか・・・?
そもそもNASがホームシェアリングに対応してくれたらいいんですけどね。それならNASだけで完結できるんだけど。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中