ゲーム用PCの環境をちょっとだけ変更

【この記事は2010/12/31に書きました】

いろいろPCゲームをしていて、従来使っていたゲーム用PCが力不足な感じがしてきたので、一部だけ更新しました。個人的な用途としてあまり高速なエンコードとかUSB3.0がほしいとか言うのはないので、ビデオカードと電源、モニタを新調することに。

20101121:ゲーム用PCの環境をちょっとだけ変更:Sapphire Radeon HD6850SAPPHIRE HD6850 1G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I/SL-DVI-D/HDMI/DP

製品情報はこちら:SAPPHIRE 日本語公式サイト – SAPPHIRE HD6850 1G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I/SL-DVI-D/HDMI/DP

ハイエンドに近いミドルエンドであるにも関わらず一万ちょっとで買えたビデオカードです。

TDPが以前使っていたGeForce 6800より高いようなので、念のため下の電源も新調するという出費はありましたが、STALKER Call of Prypytのハイエンド設定でもすんなり動くし、SABOTEURというゲームもストレスなく動作しました。ファンの音もすごく静か。

でも現在常用してるのはminecraftという(オンボードグラフィックではかなりつらい)…

ちなみに、ベンチマークは面倒なのでしてません(ぉ

20101121:ゲーム用PCの環境をちょっとだけ変更:SilverStone Strider Plus SST-ST75F-PSilver Stone Strider Plus SST-ST75F-P

製品情報はこちら:SilverStone Technology Co., Ltd – Designing Inspiration

750Wの電源です。24ピン電源コネクタまでプラグイン方式になったもので、不要な配線がなくなるだけに、非常に扱いやすいです。

一応80PLUSシルバー認証とかいう電源効率の規格に通ったものらしいので選んでみました。サイズも160cmとMicroATXに優しい大きさなので、とにかく取り回しのよい、おすすめできる製品だと思います。

20101121:ゲーム用PCの環境をちょっとだけ変更:デル デジタルハイエンドシリーズ U2211H 21.5インチワイドモニタデル デジタルハイエンドシリーズ U2211H 21.5インチワイドスクリーンモニタ

製品情報はこちら:デル デジタルハイエンドシリーズ U2211H 21.5インチワイドモニタ | Dell 日本

昔使っていた液晶の解像度が小さいのと、地デジに対応してないということで新調しました。本当はAdobe RGBに対応した国産IPSを選びたかったのですが、価格がバカに出来なかったので、せめてsRGBに対応しててIPSのものということで選んでいます。

実際届いていてみると思ったほど大きくなく、PC机に綺麗に収まりました。入力系統はDVI・RGB・DisplayPortに対応しており、HDMIは付いていません。DisplayPortをゲーム用PCにつないでいます。

ギラつきあると聞いて似たので目が痛くなるかなと思っていたのですが、べつにそんなことなく使えています。発色もそこそこ。

なにより作業できる領域が広くなったので、たくさんウインドウを開いて作業するのも快適です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中