iPod Touch 1GにAndroidを入れてみる:Redsn0wでJailBreak編

Twitterでもちょろっと書きましたが、一度友人にあげたiPod Touch 1Gを引き上げて、これにAndroidを放り込んでみようという話です。
AndroidにはArduino(紛らわしいな)と連携できる「Processing for Android」なるものがあり、Arduinoの制御をProcessingを通じてAndroidで操作することが出来るそうです。

今回はJailBreak編。もう使わない物だし好き勝手やっていいよねというのが今回の趣旨です。

※今回の記事は実験です。「できる!」と確信してやってるわけではないので、実践の参考はおすすめしません!

iPod Touch 1GをJailBreakする

最初にこれをしないと始まりません。使用ソフトと手順は以下のようにしました。

  • Windows 7 Home Premium(32bit)で動作確認
  • 使用ソフトウェア
    • iTunes
    • Redsn0w 0.9.2 「redsn0w 0.9.2 [iPhone Dev Team]」からダウンロード
      ※最新版の0.9.6bはiPodファームウェアの読み込みができない(「Unable to recognize specified IPSW」と出る)
    • iPodファームウェア
      ※Touch1Gは最終が3.1.3。ファームウェアの入手は「iPod, iPhone and iPad Firmware Download」からが便利。

      • iPod1,1_3.1.2_7D11_Restore.ipsw

 

  1. iPod TouchをPCに繋ぎ、iTunesでファームウェアを3.1.3にアップデート(復元)。
    復元後、iTunesがTouchを認識して勝手に立ち上がると面倒なので、音楽等は手動で管理、iTunesの自動起動などを切っておく。
  2. iTunesは終了、Redsn0wを起動。
  3. 「Browse」をクリックし、拾ってきた「iPod1,1_3.1.2_7D11_Restore.ipsw」を指定。
  4.  オプションの指定は「Install Cydia」のみチェック。
  5.  「Next」をクリックすると、次はiPod Touch側の操作になります。
  6. Touchの電源ボタンを長押し
  7. 電源OFF画面が出たら電源ボタンを押しながらHOMEボタンを長押し
  8. 電源が落ちたら電源ボタンを離し、HOMEボタンだけ押したままにする
    ※この間、Redsn0w側で勝手に経緯を進めて勝手にエラーを吐きますが、気にせず上の過程を行ないます。
  9. 8までの作業を行うとRedsn0w側が自動認識したらHOMEキーを離す。
  10. あとはRedsn0wがJBファームのインストール作業を行うので放っておきます。
  11. Touchが再起動したらRedsn0w側の「Finish」をクリックして終了となります。

 iPod Touch 1GをJBした感想ですが、ファームウェアが3.1であるせいか結構動作が重たいです。多分ゲームとかは無理かも。

あと、JBしたときに追加されるCydiaが結構(通信的に)重く、レスポンスがありません的なエラーをよく吐きます。もしかしたらTouch側の処理的なものかもしれませんが。

JB自体は特に興味がないので(CydiaにProcessingないし)、次は早速Androidのインストールを。調べてると1.6ストアにアクセス出来ないとか、2.2はWifiが繋げられないとか。

いろいろ不安要素はいっぱいだけど、まぁ実験ということで。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中