RGガンダムできたよ

144/1 RG RX-78-2 GUNDAM マーキングなし

MGのVガンダムを組んだときから嫌な予感はしていたのですが、まぁーパーツが細かい細かい。

ボリューム的にはアーマードコアのと変わらないものの、その精巧さや可動範囲の広さからなにからなにまでリアルグレードでした。

ソレに加えて最近のガンプラで多くなってきたマーキングシールの異常なこと。なんとかユニコーンを組んだときに起きたデカール割れは回避できたのでよかったですが。

144/1 RG RX-78-2 GUNDAM マーキングあり

最初の写真がマーキングなし、次の写真がマーキングをすべて貼って、半ツヤのクリアコートを初めて吹いたものです。これでなんとかマーキングが剥がれることもないし、質感もちょっと変わりました。

今回は試しにシールドのついたヒケを消すためヤスリまくってだいぶ白くなったため、大丈夫なのかなぁと思っていたのですが、クリアコートを吹けば綺麗さっぱりになったので安心。全身ヤスリがけとかする人はこのへんも想定してるんでしょうね。

このRGガンダムは昔あったフレーム機構を内蔵しており、それに各種外装をつける方法をとっています。このフレームがすごくて、144/1のくせに指の第一関節が曲がるとか足の爪先が広く稼働するとか、膝を曲げると連動してモモのパーツや膝のパーツがスライドするといったまさにバンダイの技術の粋をあつめた物(もちろん正座もできる!)となっています。

144/1 RG RX-78-2 GUNDAM コアファイター

スカートのおかげで足が思ったほど上がらなかったり、いろいろ動かしすぎるとフレームが若干ヘタるといった欠点はありますが、ちょっと腕に自信のある方は是非。逆に軽い気持ちで子供に買ってきたりすると大変な目に会うかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中