iOS4を入れたiPhone 3GSにApple Wireless Keyboardをつないでみた

iPhoneにBTキーボードを接続前回の記事に引き続き、個人的にお待ちかね機能だったBTキーボードのお話です。

iPhoneとApple Wireless Keyboardとの接続はなんの問題なく認識しました。キーボード接続中は画面上にキーパッドが表示されなくなります。つまり画面が広くなる!

iPhoneの入力環境からそもそもファンクションキーが無いためF1~F12が機能しません。その代わり(?)、キーボード上にショートカットとして存在する光量や音量調節、音楽の再生停止(再生中のもののみ)等が可能となっています。ディスク取り出しキーを押すと従来のキーパッドが表示されますが、使い所はよくわかりません。
日本語入力は「かな」キーを、英数時は「英数」キーを押せば日本語入力の切り替えができます。

入力を受け付けないキーもいくつかあって、option(alt)やcontrolは反応しません。まだ試してないけど、もしかしたらiSSH等のターミナルアプリだと反応するのかも。

shiftキーの大文字入力は問題なく行えるが、かなを有効にすると全角英数字にが優先されたりするため、できれば英数字の入力はかなを切って入力したほういいでしょう(辞書に入っているものは候補に表示される)。shiftキーを押しながら矢印キーによる文字選択はふつうにできました。もちろんshift+command+Aで全選択できます。文字のコピーペーストはcommmand+v,c,xで。Windowsのようにcontrolでないことに注意。

現在この記事もApple Wireless Keyboardから入力してますが(整形はPCだけど)、キー入力に遅延もなく思いのほか快適で使いやすいです。なにより矢印キーでのカーソル移動がすごく便利。control+fn+上キーや下キーでページの一番上から最下層まで移動することもできました。ほとんどの動作は対応してるといえます。

このキーボードとiPhoneをいい感じに角度をつけられるスタンドがあれば、ネットブックはいらないかもしれません。3G回線とWifiを備え、唯一ネックだったキー入力はこのBT接続キーボードで解決されたんだし。

いくら小さいとはいえApple Wireless Keyboardは持ち運べないことはないにしてもそこそこの面積を取るので、できればこのキーボード並に打ちやすい折りたたみキーボードがあるとベストなんですけどね。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中