LOOX R/B70NにWindows 7 Professional 64bitを入れてみた

【20100527:文言訂正】まあいいやって感じで投稿してしまったので・・・

どうせならWindows7のケースにロゴシール同梱してくれたらいいのに。

Windows 7 Professional 64bitとSSDを購入したのを機に、LOOX RへWindows 7をインストールしました。

結論を先にいうと、ドライバに関しては富士通の電源管理系ドライバ(FUJ02E3、FUJ02B1)以外はほぼWindows7のインストール段階で認識されました。富士通ドライバは公式からVista64用を使用しています。
Fnキーは輝度調整や音量調整時に表示されるインジケータがないものの、機能自体は働いています。
使えなかったのはワンタッチキー群。そもそも気にもとめておらず、別に動かなくてもいいかなと言うことで、あえて検証していません。

Windows7なので、BluetoothはA2DPに対応し、わざわざ東芝スタックやBlueSoleilを入れなくてもいいし、指紋認証もログイン限定ですがOmniPassなしで使えるようになりました。

個人的にIntel系のドライバ(IntelINF・グラフィック)は公式からダウンロードして最新版にしています。

唯一の注意点といえば、SDカードリーダのドライバ。富士通公式やO2micro提供のドライバを入れると、データの読み出しができなくなるので、触らない方がいいでしょう。

全体的にパフォーマンスが上がり、Vistaで操作系に慣れてたおかげで総合的な使い勝手も良くなっています。富士通公式のWindows7対応状況によると、アレが動かないコレが動かないとか書いてあって不安があったのですが、別に気にする程でもなかったようです。

ただ、現状64bit版にする価値はないかもしれません。動作速度に劇的な変化があるわけでもないので、利点といえばメモリ4G以上積めることくらいかも。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中