ノート配列で軽いキータッチ:シグマA.P.O ONIX COMPACT KEYBOARD SCKRF88BR

シグマA.P.O ONIX COMPACT KEYBOARD SCKRF88BR写真が埃で汚くなってますね・・・

ノート配列でスタイリッシュなアイソレーション(VAIOが好きなアレ)キーボードです。

製品情報はこちら:ワイヤレス・コンパクトキーボード(パンタグラフ式・日本語88キー)(SCKRF88) 【シグマA・P・Oシステム販売株式会社】:

この製品は京都はおろか大阪日本橋でも取り扱っている店が少なく、なんとかPC one’sで見つけられたぐらい稀なもので、そこ以外だと直販か通販くらいしか手に入りません。現物を見たかった理由はキータッチで、コレばかりは実際に触らないとわからないため行動範囲内の店を探し回りました。

で、そのキータッチですが、非常に軽く、イメージとしては昔のDynabook SS(薄さが人差し指サイズの時代)、最近で言えばApple Wireless Keyboardに近い感じで、軽快にパチパチ打つことができます。

一応ゲーム(FPS)の動作確認もやってみたところ特に問題なくプレイできました。
ついでにたまたま機会があったのでLinux(CentOS)でつないでみたのですが、Fnで動作するテンキーにあたるキーを押すと文字化けが起きることがありました(中途半端にNumLockが有効になっている?)。原因がわかりませんが、一応NumLockキーを何度か押してやれば正常になります。

本体には角度調節兼スタンドがついており、一応縦置きができるものの結構不安定なのであまりおすすめしません。

全体的に満足できる製品なのですが、唯一の不満は矢印キー左右にある右ShiftとFnで、結構打ち間違いが起こります。本当は矢印キーを一段下げてくれたら良かったのですが。あと、キーの刻印が暗く見づらいとか、CapsLockのインジケータランプがなく打ってからでないと気づかないとか、キー以外はつやつやなのでホコリが目立つとか、裏面がゴムっぽい素材だからホコリが面白いくらい張り付きやすいとかありますが、この辺は慣れかなと割り切っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中