いよいよGoogleドキュメントが実用できそうなレベルに

たまーに作成したドキュメントをオンラインでも残したいと思ったときにGoogleドキュメントを使用するのですが、印刷時にフォントが中文ぽい変な感じになってしまうのが非常に気になってました。

今まで解決策が思いつかずどうしたモンかなと思っていたのですが、さっき思いついたのでエントリ。

やり方は簡単で、ドキュメントのCSS編集から

* {
 font-family: "MS P明朝";
}

であっさり指定したフォントで印刷画面も綺麗に表示できました。

印刷するときはPDFに変換して表示するだとか、図形描画が思いのほか優秀だったりする(SVGではないようなので印刷時はちょっと画質が汚いけど)ので、Googleドキュメントもなかなか実用の域に達してきたなという感じです。ていうかよほど複雑なものをつくらなければこれでいいんじゃなかろうか。

唯一の欠点は表組みに自由度がないくらいかなぁ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中