ビデオキャプチャソフトが軒並み使えなかった

P1010201.JPG写真は兄がオークションで落としたVHSビデオデッキです。家でまともに動くのはこれしかないんじゃなかろうか…

仕事場の人に頼まれて古いVHSのビデオテープをDVDにするためビデオキャプチャソフトを使ってやろうとしたのですが、ELSA EX-VISION 1500TVに付属しているinfo.tvでキャプチャするとプレビューより画質が悪く、更に映像の中央左寄りに緑色の太い縦線が入ってました。

VHSにコピーガードが入っているとこういうことがあるらしいのですが、それだとソフト側から警告が出るとか縦線ではなくノイズの様なものが出るらしいのですが、これの場合はそういうものではなかったので、なんとなく今放映していたテレビの映像をキャプチャしたところ同様の現象が。

これで原因がソフトが悪いということがわかったので、ソフトの再インストールやドライバの入れなおしやふぬああなどの別なソフトを試したもののどうにもうまくいかず、一時頓挫しました。

で、そういえばと昔使っていたLOOX Tを引っ張り出して光学ドライブユニットを外しTVチューナーユニットをつけ、これからキャプチャをすることに。

LOOX Tはファンレス構造であるために風を当ててやらないと発熱がえらいことになります。のせいで一回目は時間が経つ毎に重くなり結局熱暴走でキャプチャが停止、二回目はブロアファンを当てながらなんとかキャプチャに成功しました。

info.tvは今後更新を見込めそうにもないので、代替えの汎用ソフトはなさそうだしボード自体を変えようにもアナログビデオキャプチャは地デジを考慮するともったいない気がします。私はあんまりテレビはみないけど親から録画を依頼されるのと(DVD化するのが簡単だから)、今後家のビデオテープを取り込んだりする予定もあるので、地デジとビデオキャプチャをもつボードを選ばないといけませんが…

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中