サーバ仮想化に興味が

現在、EeeBoxにCentOSを入れる記事を書いていますが、最近ちょっと別なことに興味が出てきました。

最近行った出張でサーバ仮想化の話があったのですが、昔は開発とかで旧環境のためにサーバが用意できないからPC内で完結しようという意図でVMWareやVirtualPCというものが流行っていたのですが、今ではそれがひとつのサーバで複数のOSを使用し、それぞれに仕事をさせるということが実用化されているそうです。

もちろんハードウェア的に故障すればみんなコケてしまうので利点ばかりというわけではないのですが、各仮想サーバにメール、Web、データベースとそれぞれ振り分けられ、障害の切り分けがしやすくなるといった利点もあります。

ハイパーバイザと呼ばれる仮想サーバ環境はベースのOSを必要とせず、システム起動の段階から複数のOSを起動できるのも利点で、フリーで利用できる仮想サーバ環境としてはVMware ESXiやXen(だったかな)があります。

前に日経LinuxでXenがXenがとよく取り上げられていた時期があったのですが、当時はなんだそれ程度しか思っていませんでしたが、

今からなら導入に関する情報も多そうだし、そろそろテスト運用してもいいかなと。ただ問題はVMWareESXiはどうやらハードウェア用件が厳しいようで、特殊なデバイスの多いEeeBoxで動くかどうかが不安です。

というか、試験的に立ち上げたWebカメラサーバが家族内で思いのほか評判がよく、触るに触れないのが一番大きな問題なのですが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中