SELinuxの無効化

※Linux関連記事についてはsnagplaces on @wikiにまとめていますので、そちらをご参照ください。

SELinuxを有効にしているとHDDアクセスやログ作成、CPUの負荷が割とかかるうえ、他のパッケージと喧嘩することがあるようなので、無効化してしまいます。

SELinuxのモード切替

# setenforce 0 ※この時点では完全に無効にはなりません

SELinuxの無効

# vi /etc/selinux/config
【6行目あたり】
SELINUX=disabled

あとは再起動すればSELinuxが無効された状態でシェルが起動します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中