不要そうなサービスの停止(一時停止も含む)

※Linux関連記事についてはsnagplaces on @wikiにまとめていますので、そちらをご参照ください。

インストール直後は無防備な状態なので、根本的に不要なサービスの停止と、詳細に設定するまで一時的に停止するサービスを指定します。

# ntsysv

有効・無効にしたいサービスをカーソルキーで選択してスペースキーで切り替えができます。chkcofigで個別にできますが、ntsysvのほうが一覧性があってやりやすいかと。

以下のリストは最小構成時のものなので、Gnomeをインストールしたりするとサービスの構成が変わるでしょう。

基本的にLinux同士でのネットワーク接続は想定していないので、NFS関連はすべて切っています。

  • 【X】NetworkManager
    有線・無線のネットワークを必要に応じて自動接続。サーバ用途では不要らしいです。
  • 【X】NetworkManagerDispatcher ※CentOS3.5では存在しない
    上記の設定を自動保存。NetworkManagerと連動。サーバ用途では不要らしいです。
  • 【O】acpid
    電源管理。サーバ用途では不要だが、デスクトップ利用ならあったほうがよい。
  • 【O】anacron
    PC停止等で未実行だった定期プログラムを起動後に実行する。
  • 【O】apmd
    省電力設定を自動で行う。サーバ用途では不要だが、デスクトップ利用(ノートPC等)ならあったほうがよい。
  • 【X】atd
    コマンドの遅延実行。cronで代用できるので不要。
  • 【X】auditd
    SELinuxの詳細なログを収集。SELinuxは使用していないので不要。
  • 【O】autofs
    ファイルシステムの自動マウント。手動でマウントはできる。
  • 【X】avahi-daemon
    ローカルネットワークサービスの発見。よく分らないけど多分不要。
  • 【X】avahi-dnsconfd
    上記に対してDNSを提供。よく分らないけど多分不要。
  • 【X】bluetooth
    Bluetoothを利用できるようにする。今のところ無効にしておく。
  • 【X】capi
  • 【X】conman
    コンソールマネージャを提供。よく分らないけど多分不要。
  • 【O】cpuspeed
    CPUクロックを自動調整。省電力に貢献できそうなので有効。
  • 【O】crond
    コマンドの定期実行。
  • 【X】cups
    印刷サービス。プリントサーバだけでなく通常の印刷にも使用される。今のところプリンタは使用しないので不要。
  • 【X】dnsmasq
  • 【X】dhcdbd ※CentOS3.5では存在しない
    DHCPでD-BUSとかいうのを使用するときに。dhcpとは関係ないので不要。
  • 【X】dund
    Bluetoothでダイアルアップを使用。ダイアルアップは使用しないので不要。
  • 【O】firstboot
  • 【X】gpm
    コンソールでマウス入力。コンソール上で活躍したためしがないので不要。
  • 【O】haldaemon
    ハードウェア情報収集。
  • 【X】hidd
    BluetoothでHID(マウスなど)を使用。今のところ無効にしておく。
  • 【X】ibmasm
    IBMシステム管理デバイスドライバ。IBMサーバ系だと思うので今のところ不要。
  • 【X】ip6tables
    IPv6でファイアウォール。IPv6は使用しないので不要。
  • 【O】iptables
    IPv4でファイアウォール。
  • 【X】irda
    赤外線通信を使用。そもそも搭載していないので不要。
  • 【X】irqbalance
    マルチプロセッサ環境で割り込みを均一に管理する。シングルプロセッサなので不要。
  • 【X】isdn
  • 【O】kudzu
    ハードウェア自動検出。
  • 【O】lvm2-monitor
    LVM関連。LVMボリュームを使用しているので必要。
  • 【X】mcstrans
    SELinux関連。SELinuxは使用していないので不要。
  • 【X】mdmonitor
    RAIDの状態監視。RAIDは使用していないので不要。
  • 【X】mdmpd
    RAIDの状態監視。RAIDは使用していないので不要。
  • 【O】messagebus
    システムイベントの通知等。
  • 【O】microcode_ctl
    Intel系CPUのマイクロコード更新。IntelCPUなので必要かな。
  • 【X】multipathd
    DM-MPとか言うのを監視?よく分らないけど多分不要。
  • 【X】netconsole
    コンソールに出力されるメッセージをリモートマシンに記録。よく分らないけど多分不要。
  • 【X】netfs
    NFS・SMB等のマウント。今のところファイル共有しないので不要。
  • 【O】netplugd
    ネットワークケーブル接続の監視。抜けてたら警告して欲しいので必要。
  • 【O】network
    ブート時のネットワークインターフェイスを初期化。これがないとネットワーク接続できないので必要。
  • 【X】nfs
    ネットワークでのファイル共有。今のところファイル共有しないので不要。
  • 【X】nfslock
    NFSのファイルロック。今のところファイル共有しないので不要。
  • 【X】nscd
    ネームサービスのキャッシュ。よく分らないけど多分不要。
  • 【X】ntpd
    NTPの自動更新。cron管理するので不要。
  • 【X】oddjobd
    D-BUS関連。よく分らないけど多分不要。
  • 【X】pand
    BluetoothのPAN管理。PANはたぶんやらないので不要。
  • 【X】pcscd
    スマートカード(ICカードとか)の管理。ICカードは使わないので不要。
  • 【X】portmap
    RPC接続のポートマッピングを提供。今のところファイル共有しないので不要。
  • 【X】psacct
    プロセス負荷状況を出力。普通は使わないらしいので不要。
  • 【X】rdisc
    ネットワークルータの検出。よく分らないけど多分不要。
  • 【X】readahead_early
    ファイルのページキャッシュを読み込む。よく分らないけど多分不要。
  • 【X】readahead_later
    上記と同じ。よく分らないけど多分不要。
  • 【X】restorecond
    新しいファイルを作成したときにSELinuxの適切なラベル付けをする。SELinuxは使用してないので不要。
  • 【X】rpcgssd
    NFSのRPCにおいてセキュリティコンテキストとかいうのを生成。今のところファイル共有しないので不要。
  • 【X】rpcidmapd
    NFSのIDと名前をマッピング。今のところファイル共有しないので不要。
  • 【X】rpcsvcgssd
    NFS関連。今のところファイル共有しないので不要。
  • 【X】saslauthd
    SASL認証。メール送信で使用。メールサーバ構築まで今のところ不要。
  • 【X】sendmail
    メールサーバ。メールサーバ構築まで今のところ不要。
  • 【O】smartd
    HDDの障害予測。大事なので必要。
  • 【O】sshd
    SSH認証。これがないとSSH接続できないので必要。
  • 【O】syslog
    システムログの記録。これがないとログ管理できないので必要。
  • 【X】tcsd
  • 【X】vncserver
  • 【X】wdeamon
  • 【X】winbind
  • 【X】wpa_supplicant
    WPA認証。無線LAN環境を構築するまで不要。
  • 【O】xfs
    Xフォントサーバ。X-Windowがあるなら必要。
  • 【X】ypbind
    NISドメイン用。NISは使用しないので不要。
  • 【O】yum-cron
    パッケージ定期自動更新。必要。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中