ホスト名とネットワークの設定

※Linux関連記事についてはsnagplaces on @wikiにまとめていますので、そちらをご参照ください。

  • フレッツ光の環境(192.168.24.xxx)に合わせてます。
  • サーバのアドレスは192.168.24.202としています。
  • ネームサーバはないので、ルータのアドレスにあわせてます。
  • ホスト名はhoge、ドメイン名はhoge.dip.jpとします。

ホスト・ドメイン名の設定

# vi /etc/hosts
【2行目あたり追記】ローカル環境でのホスト名
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost hoge

【3行目あたり挿入】外部環境でのホスト・ドメイン名
192.168.24.202 hoge.dip.jp hoge

【4行目あたりコメントアウト】IPv6系はオフ
#::1 localhost6.localdomain6 localhost6

ネットワークの設定

ホスト名・ドメイン名の定義からするとHOSTNAMEは間違ってる気がするのですが、これで通ってるのでよしとします。

# vi /etc/sysconfig/network
NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=no
HOSTNAME=hoge.dip.jp ※ホスト名の指定(FQDN)
GATEWAYDEV=eth0 ※ゲートウェイデバイスの指定

ネットワークデバイスの設定

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
TYPE=Ethernet
DEVICE=eth0 ※適用デバイス
BOOTPROTO=static ※固定IPである
IPADDR=192.168.24.202 ※IPアドレス
NETMASK=255.255.255.0 ※サブネットマスク
BROADCAST=192.168.24.255 ※ブロードキャスト
GATEWAY=192.168.24.1 ※ゲートウェイ
PEERDNS=no ※ここをnoにしておくとdhclientがDHCP切り替えのときにresolv.confの自動書き換えをしなくなる
USERCTL=no ※rootのみ変更ができる
HWADDR=**:**:**:**:**:** ※デバイスのMACアドレス
ONBOOT=yes ※ブート時に適用するか
IPV6INIT=no

DNSサーバの設定

# vi /etc/resolv.conf
nameserver 192.168.24.1 ※ネームサーバ(ルータのIPアドレス)
search hoge.dip.jp ※ホスト名

ここでまた再起動かnetworkサービスの再起動をします。

ネットワークの確認

# ping -c 2 localhost
PING localhost.localdomain (127.0.0.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from localhost.localdomain (127.0.0.1): icmp_seq=1 ttl=64 time=0.211 ms
64 bytes from localhost.localdomain (127.0.0.1): icmp_seq=2 ttl=64 time=0.037 ms

— localhost.localdomain ping statistics —
2 packets transmitted, 2 received, 0% packet loss, time 999ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.037/0.124/0.211/0.087 ms

確認が完了できたら、こちらのサイトでpingのテストとポートが開いてるかのテスト(現時点では22のみ)を行いましょう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中