最近日記らしいの書いてないので書きます。

当Blogはほとんど作業記録と買ったもの紹介になっていて、いわゆる日記的なものはTwitterに任せてる感があります。Blogの日記というものの情報価値とTwitterは具体性があるかないかの違いだと個人的には思っているので、こういう流れは必然かなと。

で、ここからは日々書くようなことをまとめてだただら書いてるだけなので、興味のない方はこのエントリを無視してください。

最近検討しているもの

Panasonic DMC-G1

いわゆる「一眼あそばせ」のアレです。最近電機屋に行くとコレばっかり触ってます。買ってもいないのに大体操作を覚えてしまいました(うまく撮れるかは別として)。個人的に操作系統が身の丈に合ってるのかもしれません。

マウントアダプターで銀塩カメラのレンズが使えたり、同一価格帯の一眼レフ機に比べレンズ交換やマニュアルフォーカスに対応してたりと基本的な機能が多くいろいろ遊べそうな感じ。父親の持ってる銀塩レンズを使いたいというのも目的にあります。

DMC-GH1が出たおかげで現在もどっちにするか迷い続けてます。動画機能だけで2倍も価格が違うのがなぁ。

SONY VAIO type P VGN-P90

これも迷い続けているものの一つ。これが出るならメインのノートはLOOX RじゃなくてBIBLO MGにすればよかったと後悔。

持ち運びを極限まで考慮した製品なので、出張用には最適でしょう。ただ店頭で触っていたときにキーボードのキーがちょっとぐらついたりするので他から似たような形状の製品が(安く)出ればそれを選ぶかもしれません。

内蔵ストレージ計画

現在、1.8インチの外付けHDD(60G)にポータブル系アプリやら入れて使ってますが、HDDであるゆえの危険性や1.8でも割とかさばるということで、何とかして本体から出っ張ることなく、本体内に収納できないかと数年前からずっと考えてます。

昔はメモリカード類の容量が多くて8G、それより大きいものは速度面で絶望的(一応Firefox Portableがストレスなく動くことが基準)ということもあったのですが、最近では32G以上のものが登場しUSBメモリでありながらSSDと同じコントローラを使用しているとかいうのもあったりして、徐々に追加ストレージとしての選択肢が広がっています。

つい最近、ExpressCardのSSDでWintecというところから「3FMS4D48M-WR」という製品が出ました。従来のExpresscardメモリー系列では速度が結構速いということで、これが選択肢になりそうだと思っていたのですが、所持しているLOOX RはPCカード専用で、IODATAが出しているExpressCardアダプタ「CB-EXCADP」は使えそうもない、そもそもPCカードの規格では動かせないらしい的なことがあったので今のところは断念。

あとの選択肢は32Gで533倍速のものがPhotofastから出るようなので、これをPCカードのCFアダプタにつけてどうなるかなという感じです。

その他

ThinkVantage SystemUpdate

SystemUpdateがアナウンスしていた5月からおよそひと月遅れでリリースされました。これは何かというとThinkpadで使用する自動アップデートソフトで、極端にいえばOS入れてネットワーク認識させてSystemUpdateすれば未導入のドライバを含め自動で導入してくれます。

Thinkpadはよくあるドライバ以外に専用のユーティリティが数多くあって一個一個導入するには限界があるため、こういうソフトは非常に助かります。

所持しているX40にWindows7入れなおして、これを導入すると挙動がどうなるかなというところでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中