有線LAN:RTL8111/RTL8168Bの認識

※Linux関連記事についてはsnagplaces on @wikiにまとめていますので、そちらをご参照ください。

※CentOS3.5ではインストール直後の段階で認識できています。

インストール直後の段階で認識しなかった有線LANを認識させてみます。Linux使いには鬼門であるRealtek製・・・と思ったのですが、意外とすんなり認識できました。

デバイスの確認

# lspci -v
04:00.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168B PCI Express Gigabit Ethernet controller (rev 02)
Subsystem: ASUSTeK Computer Inc. Unknown device 8168
Flags: bus master, fast devsel, latency 0, IRQ 169
I/O ports at dc00 [size=256]
Memory at fe8ff000 (64-bit, non-prefetchable) [size=4K]
Memory at bfef0000 (64-bit, prefetchable) [size=64K]
Expansion ROM at fe8c0000 [disabled] [size=128K]
Capabilities: [40] Power Management version 3
Capabilities: [50] Message Signalled Interrupts: 64bit+ Queue=0/0 Enable-
Capabilities: [70] Express Endpoint IRQ 1
Capabilities: [b0] MSI-X: Enable- Mask- TabSize=2
Capabilities: [d0] Vital Product Data

Realtekの「RTL8111 8168B」を使用しているというのがわかりました。

ドライバのダウンロード

RealtekのサイトにKernel2.6用ドライバがちゃんと用意されていますので、Windowsなどの別端末から該当のファイルをダウンロードしUSBメモリ等にコピーしておきます。

ダウンロード先:
http://www.realtek.com.tw/downloads/downloadsView.aspx?Langid=1&PNid=13&PFid=5&Level=5&Conn=4&DownTypeID=3&GetDown=false
該当ファイル:
LINUX driver for kernel 2.6.x and 2.4.x (Support x86 and x64)

コピーしたファイルは/rootに置きました。

ファイルの解凍とインストール

参考サイト:SYSTEM of DAYS: Relatek RTL8111をCetos5で使う

# tar vjxf r8168-8.010.00.tar.bz2
# cd r8168-8.010.00
# make clean modules
# make install

※OSのインストール時に「開発ツール」を選択しておかないとコンパイルでエラーがでます。

kernelに登録

# depmod -a
# insmod src/r8168.ko

これで再起動すればネットワークが認識されます。コンパイルの流れを見ていると現在のkernelに依存しているような感じなので、kernelが更新されたら再インストールする必要がありそうです。

ネットワークの確認

# ifconfig
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:22:15:DF:**:**
inet addr:192.168.24.58 Bcast:192.168.24.255 Mask:255.255.255.0
inet6 addr: fe80::222:15ff:fedf:5f59/64 Scope:Link
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:5102 errors:0 dropped:1525804880 overruns:0 frame:0
TX packets:4516 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:4803442 (4.5 MiB) TX bytes:782010 (763.6 KiB)
Interrupt:169 Base address:0xe000

DHCPでIPが拾えていたら成功です。あとは適当にping等で外部に接続できているか確認しておきましょう。

サーバ用の固定IP設定はあとで行います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中