LOOX Tだとベゼル交換必須:Panasonic UJ-852S

IMG_1488.jpg写真の上がUJ-852S、下がLOOX標準のUJ-832です。一応2世代後継機になるのかな?

UJ-832を使用しているとき、CDの読み込み時にフル回転するとヘリコプターみたいな音と異様な振動で読み出せないといった障害が発生し、最終的にはピックの読み出し不良なのかCDの読み込みすらできない状況になってしまいました。そんなわけでのドライブ交換です。

ノート用ドライブの仕様情報で公式なのがなかなか見つからず、正直どれくらいの性能なのかよくわかりません。ぱそこん倶楽部やGENOというところの情報によると、大体2倍くらいの性能差ぽいです。

LOOX T自体のベゼルが直線なので、852S付属のベゼルではモバイルマルチベイのアダプタに干渉してしまうので、ベゼル交換が必須となります(なんとなくスロットインタイプなんて選ぶと泣きをみるかもしれません)。

IMG_1486.jpg 9.5mm厚のベゼルはかなり貧弱な感じなので、外すときは折れたり曲がり癖がつかないよう慎重に行う必要があります。

ツメは3箇所あり、写真の黄色いまるで囲ったところが該当部分です。はずしにくいのは左端のツメで、私の場合は伸ばしたクリップでツメだけ全体を押さえるようにしてはずしました。

中央のツメははずすためのスキマや穴がないので、既に外して浮いている隙間からハサミなどの硬くて幅広のものを差し込んでやれば外れます。

これでなんとか交換は完了し、Windowsでの認識も問題なし。CDを入れた後の電子音のような駆動音や読み込み時の振動もなくなりました。ただし、B’s GOLD 8は未対応ドライブ扱いとなってしまいました。なので、現在はDeepBurnerで対応してます。

そもそも9.5mm厚ドライブは日本橋ではカケラもなく、通販ではGENOとぱそこん倶楽部程度でしか見つからないぐらいの稀少製品でしたが、なんとか買えてよかったです。

光学ドライブはないならないでそんなに困るものでもないのですが、いざというとき使用できないと困りますね。本当は9.5mm厚のBDドライブが欲しかったんですけど、まだサンプル出荷みたいで、今はまだ12.7mmのものしかありません。高いし。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中