PStart+Skype=Portable Skype

ドライブを相対扱いできるPStartと、世界的コミュニケーションツールであるSkypeとの連携で、Skypeのポータブル化ができます。

別にSkypeだけでもPortable化はできるのですが、コマンドラインを指定するときにフルパスを指定するため、環境が変わるたびに再設定しなければならない手間がありますが、PStartであればその辺の問題は意識せず使えるようになります。

参考サイトはこちら(ていうかそのまま):Going My Way: USBドライブで使うPortable Skypeの設定方法

手順は以下の通り。

  1. Skypeを普通にインストール ※UniversalExtractorで抜き出しは無理でした
  2. USBメモリ等に予めフォルダを作成「\PortableSkype」と「\PortableSkype\data」
  3. 「C:\Program Files\Skype」以下をUSBメモリ等にコピー
  4. PStartを起動
  5. コピーしたSkypeの実行ファイル(Phone\Skype.exe)をPStartにドラッグして登録
  6. PStartのSkypeを右クリック→プロパティ
  7. コマンドライン入力欄に「/datapath:"\PortableSkype\data" /removable」
    ※datapathのパス指定はドライブより後のパスを入力します(Softフォルダなどでまとめている場合は「/Soft/PortableSky~」という形になります)

ログイン情報などのデータはdataフォルダに保存され、これでPCに依存しないSkypeポータブル環境が実現できます。

起動確認がとれたら、予めインストールしてあったSkypeはアンインストールしても問題ありません。

PortableSkypeの設定でWindows起動時にSkypeを起動するだとか、callプロトコルの関連づけは切っておいた方がいいでしょう。ただし、あらかじめPC本体にインストールしてあるSkypeが存在する場合、その設定が優先されます。

PStart+Skype=Portable Skype” への1件のフィードバック

  1. 普通に宣伝で周っている人だったんですが・。
    ちょっとスカイプは最近始めておりまして、ちょっとこういった色々なスカイプの方法があったんですね・・。
    個人的にまた来ます。
    失礼いたしました・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中