小型だけど分厚い:SANYO eneloop mobile booster KBC-L2

IMG_1445.jpg以前からポータブルバッテリ(JTT External Battery Pack iPod)は持っていたのですが、eneloopのほうが放電も少ないし(今使用しているのは放っておいたらすぐに電池がなくなる)長持ちするかなということで換えてみました。そんなに急に必要なものではないんですけどね。

製品情報はこちら:eneloop mobile booster 「USB出力付き 充電器・リチウムイオンバッテリー」 | eneloopラインナップ | eneloop(エネループ) | 三洋電機

今回購入したのは大容量版です。mobile boosterは現時点で3種類あり、

  • KBC-E1S:eneloop乾電池使用。4000mAh
  • KBC-L2S:内蔵電池専用。5000mAh
  • KBC-L3S:内蔵電池専用、小型モデル。2500mAh

となっています。大容量版のKB-L2SはACとminiUSB端子による本体充電と、出力用USBが2ポートあるので、iPodと携帯電話を同時に給電ということができたりします。

以前使用していたJTTのものと比べ、体積はほぼ変わらず、容量は大幅にアップ(2200mAh→5000mAh)した割には若干の重量増程度(90g→130g)で体感的に重くなった感じはないので、持ち運びに問題はなさそう。ただし分厚くなっているのでTouchとコレを重ねて持つというスマートさはありません。

給電するときは、対象の機器をUSBで接続して「DC OUT」ボタン長押しで給電開始します。本体充電中は給電できません。本体充電・給電の役割がきっちり分かれていて、機器の充電が終わるとちゃんと本体の給電も止まります。

本体がつやつやなので傷が目立ちやすいことと、ACアダプタをつけるくらいならACやUSBのキャップか中が二つに分かれたポーチを付けて欲しかったなと思いました。多分AC充電はやらないだろうし。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中