Webメールで「winmail.dat」が添付されてきた場合

また職場でちょっとした問い合わせがあったのでメモ。

Webメールで添付されてきたファイルに「winmail.dat」というのが添付されてきたそうで、これがどうやっても開かない、というのがありました。

私も始めてみたので、Word2007のかなと思い、拡張子をdoxcにしたりzipにして解凍したりしましたが肝心の中身を見ることができず、このときはもう一度送ってもらってと返答。

その後なんとなくwinmail.datで検索をかけてみると、結構有名な症状らしく、どうやらOutlookで送信されたものをWebメールで受診するとこういったことが起こるのだそうです。

結局、コレの中身を見るために「Winmail Opener」というソフトを使って見ることができました。文字通りwinmail.datを抽出するためだけのソフトです。

わざわざインストーラ形式になっていたので、Universal Extractorで抽出して中身だけ使用しています。

Wordのファイルが数点と、メール本文がrtf形式でついていたので、どうやらOutlookの本文形式をリッチテキストにしてるとwinmail.datに化けるのかもしれませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中