Firefox3 PortableでHDD・CPU読み込みを抑える

なんとかFirefox3が実用レベルになりそうです。

以前の記事で使用中に妙な引っ掛かりやHDDを頻繁に読み書きしていることがあって使い物にならないかな、という投稿をしましたが、やはり原因があった模様。

ブックマークや履歴、偽装・攻撃サイト対応などの管理方法をSQLiteというものに変えたらしく、データベースの再構築に時間がかかっていたのが原因みたいです。

で、「おれのオレによる俺のためのブログ」にある記事を参考に、以下の方法で対処しました(というかそのまま)。

  1. 「ツール」→「オプション」→「セキュリティ」を開く
  2. 「攻撃サイトとして~」と「偽装サイトとして~」のチェックをはずす
  3. 「\FirefoxPortable\Data\profile」以下にある「urlclassifier~」関連のファイルを削除
  4. MarleySoft 別館 – bug329534」にあるパッチを適応(RSS関連バグのパッチらしい?)

実質urlclassifier関連のファイルを消してやればガリガリが収まりますが、そのうちまた出てくるので上記のような対応を取る必要があります。

私の場合は外付けHDDですが、USBメモリにFirefox Portableを入れている方はぜひ対処したほうがいいでしょう。

おかげさまで起動や動作がSafari並みに速くなりました。下手な通信設定の見直しなどより体感的に速度の向上が見られますので非常にお勧めです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中