ノートPC経由でiPod Touchのネット接続成功?:Planex GW-US300MiniS

IMG_0815結局買いました。前のWLR-UC-Gは売り物箱に直行です。アレも確かにDSとかつなぐ分には楽なんですけどね。

製品情報はこちら:無線LAN|11n Draft2.0/g/b対応 高速300Mbps 無線LAN USBアダプタ:PLANEX:GW-US300MiniS:製品特長

筐体を見ていると、所々にスピーカ穴のようなものがあるのですが、これって放熱穴なんですね。実際使用していると結構発熱します。

この製品はAOSSに対応していないので、ほかのPC等に接続するときは専用のユーティリティ(PCI無線LANユーティリティ)を使用するか、Windows標準のユーティリティ(Wireless Zero Configuration)で接続することになります。

PCI無線LANユーティリティをAPモードに切り替えて、iPod Touchへの接続が成功しました。初期状態だとセキュリティが皆無なので、WEPの設定やiPodのMACアドレスのみ許可したり、ESS-IDを変更、隠蔽するなどで対応する必要があります。

PCI無線LANユーティリティを使用すれば、どのPCが接続したかのログが一覧で表示されるので、便利に使用できると思います。

再起動したところ、WLR-UC-G同様無線Wireless Zero Configurationを見事に殺してくれました。つまり普通の無線LANが使用できない状態に。

LOOXで使用している内蔵無線LANはAtherosですが、ツールはIntelのを使っているので、あえて標準のユーティリティを使わず、Intel PROSet/Wirelessを使うのも手かもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中