看護師さんは凄いとオモタ

母親が退院してから大体一週間たちました。
退院したとはいえ、完治しているわけではなく、絶食前提で栄養剤やらプ レドニンやらの点滴治療を家で行う形式になったので、大体一週間の周期で点滴そのものを交換しないといけないわけです。それが今日。

で、点滴は体に直接挿したカテーテルを介して薬剤を投与するわけですが、最初の取り外しのときに自然に止まるはずの弁が止まらず血が逆流・噴出し、臨時でクレンメというチューブを止めるやつで止血して血液を固まらせない注射器のようなもので空気が残らないようにしました。

で、次に交換の準備が終わって取り付けなのですが、何度やっても取り付け時に空気が入ってしまい、そのつど注射器で空気を吸出してを繰り返し・・・

病院に電話して対処を聞いたところ、「多少の空気は入っても大丈夫ですよ」とのアドバイス。
先入観で空気がちょっとでも体内に入ると死ぬという意識があったので、冷や汗かきまくっていたのですが、実はちょっとぐらい空気は入っても大丈夫らしいです。
ただし、大丈夫なのは静脈からの空気流入だけで(肺で抜けるらしい)、動脈からの空気流入はアウトみたいです。

手元には空気抜きで使用した何本もの注射器(使いまわしはダメ)が残ってしまいましたとさ。
結局慣れだとは思いますが、つくづく看護師さんは凄いなと思いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中