CentOS on X40:X40内蔵無線LANを認識させる

今までほうっておいたThinkpad X40の無線LANを認識させます。

参考サイトはこちら:

まずはlspciでデバイスが見えるかどうか確認します。

# lspci
中略
02:02.0 Ethernet controller: Atheros Communications, Inc. AR5212 802.11abg NIC (rev 01)

X40で使用している無線LANはAtherosというもので、Intelのようにドライバがありません。
実は存在するのかもしれませんが、ここではmadwifiというソフトを使用して認識させます。madwifiのバージョンは0.9.3.3を使用しました。

madwifiのダウンロード

# wget http://downloads.sourceforge.net/madwifi/madwifi-0.9.3.3.tar.gz

解凍・コンパイル・インストール

# tar xzvf madwifi-0.9.3.3.tar.gz
# cd madwifi-0.9.3.3
# make
# make install

ドライバの読み込み

# modprobe ath_pci

設定ファイルの作成

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ath0
DEVICE=ath0
BOOTPROTO=dhcp
ONBOOT=no ※必須ではないので起動時に無線LANをONにしない
MODE="Managed"
ESSID="xxx" ※任意のESSID
KEY="xxx" ※任意のWEPKEY

リンクアップ

# ifup ath0

modprobe.confにドライバ予約(?)

# vi /etc/modprobe.conf
【最下行に追加】
alias ath0 ath_pci

デバイスが認識しているかどうか確認

# lsmod |grep ath
ath_rate_sample 11520 1
ath_pci 93220 0
wlan 190564 4 wlan_scan_sta,ath_rate_sample,ath_pci
ath_hal 191696 3 ath_rate_sample,ath_pci

手順としてはコレくらいです。特に特殊な設定なく接続できそうです。できそうですというのは、単に設定しただけで、接続確認をしてないから(ぉ
なので、無線ルータに接続する際には、あらかじめMACアドレスの許可などを忘れず設定してください。

無線で一つ試したいことがあって、iwlist scanningをやってみたところ、不明なAPが一個だけ引っかかりました。
都会でやってみたらもろもろと見つかりそう。テスト用のためだけにfon買おうかな・・?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中