S.T.A.L.K.E.R.にドハマり中

THQというメーカが出したFPSゲームなんですけどね。現在ドハマりしてます。

2011年あたりの近未来物で、兵器はほとんど実物(版権の関係で名前とか変えてますが)が出たり、その銃も弾速や弾道を細かく設定しているようです。このへんはあまり気にしていませんが。

舞 台がzoneと呼ばれるチェルノブイリ原発近辺ということで、周囲に放射能が濃い所があったり、原発事故の影響なのかアノーマリーという様々な現象をもた らす特異体が存在したりというものがありますが、なによりすごいのがその環境で、ゴーストタウンと化した街並み、工場、研究所、地下の表現がすばらしく、 廃墟感抜群ということに加え、チェルノブイリ近辺という緊張感が実にいい感じです。

また、登場人物も面白く、zoneの中でも派閥が存在 し、盗賊家業のbanditsや自称警察duty、定番army、アナーキスト集団freedom、やたら重武装の宗教団体monolith、存在感希薄 だけどそこそこ強いmercs、そしてどの派閥にも属さないlonerと、それぞれが目的を持ち、時には対立し、時には戦争しています。和平なんてありま せん。
AIが秀逸なため、それぞれが自立して動いており、ふらっとbanditsがlonerのたまり場に行って突然撃ち合いをはじめることもあります。
撃ち合いも単純なものではなく、物陰に隠れたり、低姿勢からゆっくり出てきたり、こっちが出てくるまで待ってても一向に出てこなかったりとそれなりに考えられてます。HL2みたいに手榴弾投げたりしてくると難易度桁上がりしますが、さすがにそれはありません。

zoneのなかには放射能の影響かで変化したミュータントが闊歩しており、それは犬であったり、ネズミであったり、豚、猪以外に、光学迷彩をまとう物や精神攻撃をする者、超能力を使う者もいたりと、これも様々なものが存在しています。

ストーリー上は「自分は誰なのか探す」というものですが、サブストーリーもうっとおしいほど充実しているので、じっくりやるとかなり時間のかかるゲームになります。

ゲーム性・世界観・難易度どれをとっても満足できるものなのですが、いかんせんバグが多い。
突然フリーズはもちろんのこと、せいぜい千人程度しか始末してないのに統計では3万人になってたり、評価がterribleになってたり、行ったはずのタスクが無かったことになってたりするので、こまめにセーブと各タスクの確認は必須です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中