平安神宮へ行ってきた

【この記事は070106に書きました】
(個人的に)第2回初詣ということで、平安神宮へ
行ってきました。
集合は昼ごろだったのですが、私は10時ごろになぜか家を追い出され、プラッツの英国屋でコーヒー飲んだり、上の本屋でUSBメ
モリ活用の本があったのでそれを読んでたりして時間をつぶしてました。

メンバは一名除く久々に会う友人数名で行くのですが、一人仕事終
わった後で来るとのことで1時まで京都駅で待つことに。バスが混雑過ぎて止まってむりやり降ろされただのおばさんがハードコンタクト落としただのといろい
ろあったらしく、数分遅れでようやく全員集合することができました。
・・・しかしこいつら全く変わらんね。

さっそくバスは洒落に
ならない混雑なので地下鉄で平安神宮へ。
京都市美術館やみやこめっせは何度か来たことがあるのですが、写真のような大きな鳥居は思いっきり見逃し
てました。
混雑はそれほどなく、ぱっぱと参拝を済ませておみくじへ。内容は以下のような感じになりました。


17番 小吉
むさぼらぬ心をおのが宝ぞとおもへば富めるわが身なりけり
此歌の意は「自分が大財を所持していなくても、何につけ貪らぬ心、
廉潔な心、此こそ我が宝である」という事で、心の豊かさこそ人にとって一番大切な事であり、心が貧しければ常に飢餓感に悩む事となり、満ち足りぬ思いに苦
しむものである。程々という事を知れば知る程、幸福という事が解って来るもので、物の充実より先に心の充実を計るのが良い。
願事 叶う、程々の処
にて満足すべし、欲に溺れれば全く失うと知れ
待人 来たらず、音信あり
失物 出る、早く探せ
旅行 近き処利あり
商業 次
第に利益あがる
方位 南の方よろずよろし
争事 勝つ、なれど利なし
移転 急ぐべからず
お産 さわりなし
病気 長
引けどなおる
縁談 無理をすれば破れる、他人にまかせて吉
学業 自分の力を知り、着実に進め

こんな感
じでした。お守り売り場に四神獣ストラップが売っていたので、おみくじの指示通り南の朱雀ストラップを買いました。

このあと、値札のない
出店でやたらボリュームのあるねぎ焼きだのみたらし団子だのから揚げなどを軽く食べて、時間があまったので引き続き円山公園を抜け八坂神社へ行きました。

こは何度か来た事があるので(にもかかわらず去年は蹴上に行きましたが)お参りだけすませ、まだ時間があったのでナムコのWONDERTOWERでクレー
ンゲーム三昧してました。

結局帰ったのは22時。明日から仕事始めです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中