CentOS on X40:ntsysvでサービスの管理

X40でCentOSを動作させる際に不用と思われる・今のところ使わないサービスを停止させます。

サービス管理画面は以下のコマンドで表示させることができます。

# ntsysv

スペースキーでON/OFF切り替え、TABキーでボタンなどの切り替えができます。

現時点でOFFにしたサービスは以下の通り。

  • cups:印刷サービス
  • cups-config-daemon:cupsサービスを構成するデーモン
  • irqbalance:マルチCPU環境でセカンドCPU以降も割り込み処理を行える
  • isdn:ISDN回線を使用できる
  • mdmonitor:RAIDの状態監視サービス
  • sendmail:メール送信サービス(設定後許可します)

Xすら使わない純粋なサーバ環境であれば、crond,iptables,network,sshd,syslog,xinetdで十分らしいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中