なんとなくX40にWindows Vista RC1を入れてみた

というわけで入れてみました。

デバイスマネージャで警告の出ている項目は無線LANとACPI関連のドライバが合っていないようです。

電源を押してからHDDが止まるまで起動時間を計ってみたところ、およそ5分ほどでした。サスペンドを駆使して運用したほうがよさそうです。

思ったほどさくさく動きますが、インストールに使用する要領が15Gほどもあり、30G(リカバリ領域を除く)のHDDでは割と厳しいです。他のアプリケーションを入れることを考えると60Gはほしいですね。

Vistaのレイアウトは「あ、きれいだな」と思う程度で、何が便利になったとか、望みの項目にアクセスしやすくなったとかはありません。そもそもの操作系統がわりと変わったので、慣れが必要だと思います。

さて、CentOS入れるか・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中