スネーク・フライトを観た

土曜日仕事が終わった後観てきました。

主演はサミュエル・L・ジャクソン、監督は(個人的に)稀代のディスティニーホラー「デッドコースター」のディヴィッド・エリスです。マトリックスも担当してるみたいですね。

よくあるパニックものとして街中で起こることが多いのですが、この映画は飛行機内でのパニックものです。

ハワイにて、中国系マフィア?が検事を殺害する場面を目撃したショーン(ネイサン・フィリップス)。マフィアは自宅にも侵入してくるが、すんでのところでフリン(サミュエル・L・ジャクソン)に助けられ、証人として飛行機乗ってLAへ護送されることになります。

無事に飛行機は出発するが、その中には中国マフィアの仕掛けたヘビが満載され・・・という話です。

映画のテイストはダークキャッスル社的な感じも含まれており、スプラッタな表現も多々あります。

肝心のヘビに関しては、実にさまざまな種類がおり、噛まれたときの症状も様々で腫れたり溶けたり丸呑みされたりと実にバラエティに長けています。

地味ながらも迫力と緊迫感に長けており、引っかかるところはありますがお話もしっかりしてるので安心して観ることができます。

いまいち宣伝が薄かったせいか公開初日ながら人はガラガラでしたが、、観て損はないでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中