怖いくらい静穏化:Scythe 侍Z SCSMZ-1000

写真を撮り忘れてしまいました。

外側の掃除ついでにリテールだったCPUクーラーを交換してみました。

7月1日かに買ったもので、Scytheの侍Z SCSMZ-1000というもので、少々大型のクーラーです。

取り付けの際にチップセットのシンクと干渉するか心配だなと思っていたのですが、案の定干渉しました・・・取り付けレバーの方が。

クーラー本体は干渉のカの字もなかったのですが、Socket939用で固定するときにレバーを使って固定するのですが、そのレバーが長いためにチップセット用ヒートシンクと干渉。やむなくヒートシンクを取り外してCPUクーラーを取り付けました。

取り付けは至極簡単で、先ほど書いたようにリテール用の土台?にあるツメに引っ掛けてレバーで固定するだけです。

実際の動作感は非常に静かで、リテールのクーラーと比べると不安になるくらいです。

温度に関しては良くわからず、SpeedfanでもEverestでも0度とか40度とかを繰り返し表示していました。

今後の予定としては、CPUをX2に、メモリを増強くらいですね。ビデオカードの交換は怖いし。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中