ダヴィンチ・コードを観た

もはや超有名なダン・ブラウンが原作のミステリー映画です。

俳優にトム・ハンクス、アルフレッド・モリナ、イアン・マッケラン、そしてジャン・レノが出ています。

率直な感想ですが、原作は表紙しか見てない影響もあってか、全般的に展開が速く、場面場面が風のように通り過ぎるような感じです。だからあまり印象に残っていません。

そして登場人物は影が薄く、正直だれがやってもいいような感じです。

キリスト教だのシリア教会だのという観点か見ればいろいろ興味深い点もありそうですが、純粋にミステリーとしてみると「そーなのかー」というより「やっぱりかー」という感じです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中